女神様の暇つぶし

イト♂

第3話 食料確保

俺は、空腹とともに目を覚ました
そういえばこの世界に来てからまだ何も口にしてなかったな
よし、食料を探しに行くか

...見つからない!
いや、キノコやなんかの草はあったんだか鑑定で調べてみたら


『ポイズンキノコ』

レア度☆
危険度☆☆☆

説明
森なんかによくい生えている
食用には向いていない


『ネムリソウ』

レア度☆☆
危険度☆

説明
森や草原にたまに生えている
食べると眠くなる
食用には向いていない



こんな感じだ、一様持ってきたがどうしろと言うんだ!
木の実でもあるかと思ったんだがどうやらここら辺の木には実が無いらしく非常に困っている
せめて水ぐらい欲しいものだが

仕方がない、モンスターでも狩るか
...あれ?モンスターって食えんのか?
いや待て、ここに来てからあったモンスターはゴブリンとスライムだけだ
ゴブリンを食べるとか論外!なら、スライムはどうだろうか...イケるな
そうと決まればスライムを探しに行くか


結構から言うとめちゃくちゃ美味かった

「なんでもっと早く気がつかなかったんだよぉぉ!!」

俺の声が森中に響き渡る
すごく美味い、味はソーダ風味で食感がゼリーみたいな感じ炭酸の様な爽快感!

しばらく俺の主食はスライムで決まりだな!
何となくスライムも鑑定してみた


スライム

Lv:2
種類:スライム族

体力:20
魔力:10
筋力:3
耐久力:3
素早さ:3


スキルとかはまだ見えないらしい
俺より弱いなゴブリンも鑑定してみるか


ゴブリン

Lv:5
種類ゴブリン族

体力:110
魔力:0
筋力:20
耐久力:10
素早さ:10


ゴブリンって案外強いなおい
筋力と耐久力俺、負けてるよなテンション下がるわ
てか、モンスターって精神力と運って無いのか?
それともLvが低いから見えなかったのか?
別にどうでもいいがな

日も傾いてきたしそろそろ戻るか
俺は、スライムという名の食料を片手に寝ていた木へと戻った
よし、自分のステータスでも確認するか...

「ステータスオープン!」


ステータス

名前:モリキ シュウヤ

Lv:6
種族:人族
職業:無職

体力:650
魔力:40
筋力:25
耐久力:15
素早さ:50
精神力:520
運:6

スキル
言語理解
鑑定Lv1
筋力増加Lv1
耐久力増加Lv1
素早さ増加Lv1
投擲Lv3
棍棒術Lv2

称号
精神の女神 フローリ の加護
夜は友達
森は友達
女神の玩具


スキル説明[NEW]

『投擲Lv3』
物を普通に投げるより強く投げることが出来る
※Lvが上がれば威力とスピードが増す

『棍棒術Lv2』
素人よりも上手く棍棒を使うことが出来るバッシブスキル
※Lvが上がればさらに上手くなる



うん、強くなってるな、一時はどうなるかと思ったが
この調子なら大丈夫だろう
明日からは、この森を出る事に優先して村や街を
見つけたいしな

「よし、寝るか」






いつも読んでいただきありがとうございます
今回は少しステータス系が多めになってしまいました
これからもよろしくお願いしますっ! 

「女神様の暇つぶし」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く