転生して目覚めたら、嫁とペットがおりまして

琥珀

プロローグ ~22歳社畜のとある1日~

「白瀬~、この仕事も頼むわ~。あ、もちろん今日中にな」
「わ、わかりました……」
白瀬 悠は22歳のどこにでもいる社会人。会社がブラック企業だということだけが、他のサラリーマンとは少しだけ違うところかもしれない。

先輩に押し付けられた仕事を片付けた頃には、時計は夜の11時を回っていた。幸いな事にここから家は近い。最近は家に帰れないことが多く、ろくに眠れていなかった。
「帰って寝よう……とりあえず寝よう……」
悠の頭は家に帰って眠ることしか考えていなかった。
そう、目の前の信号が赤い光を放っていることにも気づかないほどに……
鳴らされるクラクション、横を向いた悠の目に、トラックが迫るのが見えた。
「え……」
鈍い衝突音。軽々と飛ばされ地面に打ち付けられる。朦朧としたまま悠は、22年間の自分の人生思い起こす。
貯蓄なし、彼女なし、それどころか恋愛経験さえなし。
薄れゆく意識の中、悠は思った。
「物悲しい人生だったな……。せめて彼女の一人くらい、欲しかった……」
それきり、悠の意識は永遠に途絶えた。

22歳の社畜は、呆気なく命を落としたのだった……。

「転生して目覚めたら、嫁とペットがおりまして」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー135232

    ベタな展開でしたが惹き込まれました。読ませていただいた身でなんですが一言二言感想を申し上げます。現実世界の描写をとても空虚なストーリーにすると、転生後のギャップがかなり際立ってしまうので、現実世界でも伏線を張るなり、惹き込まれる書き方をぜひしてみて下さい。筆の運びからすると作者様はとても文才があり、ロジカルな思考の持ち主なのでしょう。だからこそ多角的にモノを読んでしまい、表現描写が二人称だったり三人称だったり散在している節があります。―――を入れたりするのがベターです。
    がんばりは伝わります。私もそうでした。
    苦労して先人から多くを学びました。作者様は“文才”という天性の武器をお持ちなのでこれからに期待しています。
    ネジは締めすぎないように…
    来期の掲載も楽しみにしています。

    2
コメントを書く