異世界転移?⁉️ いいえ転生です

mmkiyo

第1章 ⑬町探検

  いや〜ここは天国ですかな〜妹と一緒に
デートが出来るなんて幸せもんだな〜」
「デートじゃないよ。」
「お兄ちゃんの事が好きすぎて心読めるようになったの?」
[マスター。正直言うと気持ち悪いです。]
ヘレナにまで言われた…
[誰でも言いますよ。]
「はぁ。ここの世界の人新設だよね。迷子になるお兄ちゃんと違って。それより昼ご飯どうすんの?そろそろ時間だよ。」
「うるせぇ。んじゃまぁミウの好きな店で。」
「はいはい。じゃああの店で良い?」
「勿論。でもあれ猫カフェだけど…?」
          ガチャッ
「いらっしゃいませー。そこの席にお座りください。メニューです。」
「はい。お兄ちゃんどうする〜?
「普通猫カフェって猫がいるんじゃないの?」
「ここは猫を使った料理を出すカフェでしょ?」
そうなの?
[そうです。妹様は天才ですので何となくで分かるのでしょう。メニューも使えていますし。]
メニューぐらい俺でも使えるわ!
えーと…どうやんの?これ本当にメニュー?
[魔力を流し込むと見れますよ。マスターは魔力量が異常ですので手加減してくださいね。]
りょです。
おぉー!見れた!つか本当に全部猫だな。
「私これとこれに決ーめた。」
「じゃあ俺はこれにするー。」
どうやって頼むの?
[メニューの絵を押して注文ボタンを押せば良いんです。]
「頼んだいたよ〜」
お兄ちゃん良いとこかけらも見せてない…(泣)
「お待たせしました〜
レッドキャットステーキと猫フィッシュのムニエルでございます。」
「なかなか美味しそうだな。」
「こっちの方が美味しいけどね」フッ
「何を〜お兄ちゃんのやつの方が美味しい!」
「いいや私の方が美味しい!」
「まいっか。」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「いや〜美味かったな。」
「そうだね。」
最後のピンクキャットは値はったからなぁ。
[ピンクキャットは数自体少なく、しかも従魔としても人気でこうして食べられること自体が貴重ですからね。味覚情報をその時だけ共有させて頂きました。]
お前それ先言えや。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「ねぇねぇお兄ちゃん大分歩いたけど、この後どうする?」
「もうあらかた見ちゃったし帰らない?」 
「そうだね私も歩き疲れちゃった。」
「んじゃ帰るか。」
???「おいそこの兄ちゃんちょっと待てや」
「は?」

「異世界転移?⁉️ いいえ転生です」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く