異世界転移?⁉️ いいえ転生です

mmkiyo

第一章 ⑧VS八岐大蛇

 はぁはぁ
こいつクソうぜえな。なんなんだよこの再生速度と、無属性の頭は。切ろうとするとシールドはるしよ!
[マスターが全力を出せば倒せますが。]
そうすると地形破壊も起きるし、素材は少しでも多く欲しいんだよ。
何より、そんなゴリ押し戦法ロマンのかけらもねえじゃん。せっかく異世界に来たんだぞ。
[でしたら、の根元を全て切り、その後胴体を倒す必要がありますね。]
そりゃそうだけどよう。それが出来ないんだよ。つか、この野郎余裕そうにしやがって絶対倒してやるよ。取り敢えず一番ムカつく無属性の野郎から狙うか。
死ね!クソ野郎‼️ハァァァア‼️‼️
ザシュ!ザシュ!ザシュ!ザシュ!ザシュ!
ザシュ!ザシュ!ザシュ!ガキーーーン‼️
な!ちっ!くっそ。無属性の野郎が再生しやがったか。後一本切って胴体倒せば終わりだったってのに。こっちは徐々にダメージが入ってる。
このままじゃジリ貧で負けじゃねえかよ。
[マスター。八岐大蛇の再生速度に今のマスターでは勝てません。]
それなんだよなぁ。んっ⁉︎まてよ…
おいヘレナ。転移魔法って作れる?
[はい、もちろんです。]
それじゃあ、ある程度近ければ転移出来るようにしてくれる?
[創りました。マスター。]
仕事早っ!
それじゃあその余裕そうな顔を引きつらせてやんよ‼️
[マスター。一瞬で連続で転移出来るのは四回までですので気を付けて下さい。]
分かった。それじゃあ6本切ってから、連続で全部切るか。
今度こそ倒してやる‼️くらえ‼️
ザシュ!ザシュ!ザシュ!ザシュ!ザシュ!ザシュ!
「転移‼️‼️」ザシュ!ザシュ!ザシュ!
これで終わりだ‼️
「ハァァァーーーーー!」ザシュ!
「はぁはぁ。疲れた〜〜〜〜」
[お疲れ様です。マスター。]
今回のだけで、大分レベルも上がったし、
これだけあれば金もそれなりに貰えるかな。
[そうですけど、そんなにお金が欲しいのですか?]
まぁね。少しでも早く、少しでも多く金が必要になる。
[マスターが何を考えているのかは分かりませんが、応援させていただきます。]
頼んだぞ。それとさ、転移魔法の遠いVerも創ってくれない?
[もう既に創っていますよ。]
どんだけ仕事早いのさ。
それじゃ冒険者ギルドに戻るぞ。
[はい。マスター。]
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「随分と人が多いな」
フレア「あっ!ユウキさん帰って来たんですよ。」
「この騒ぎは何?」
「アルフレドさんの弟子でSSSランクの
バーンさんが来たんですよ。少し前まで、世界会議の護衛と、SSSランクの会議に参加してて戻って来たのは久しぶりなんです。」
「へぇぇぇ。」
あいつか。
うっわ。うちのクラスにもいたリア充じゃねえかよ。絶対モテンだろ。イケメンで強いとか。まじリア充"爆ぜろ"。
てっ、ぶねっ!つい異世界に来たからって本気で爆発させそうになった。
バーン「おいお前。」


テストのこと忘れていました。
更新スピード遅れます。ごめんなさいm(_ _)m
コメント・登録待ってます。

「異世界転移?⁉️ いいえ転生です」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く