異世界転移?⁉️ いいえ転生です

mmkiyo

第1章 ④初めての外出 (2)

 「なんで貴方が倒せたのよ‼️なんでここにいんの⁉️」
「エーミールちゃん私達は助けてもらったんです!!!!」
「そ、そうだったわね。ごめんなさい。」
「まあ別に気にしなくて良いぞ。」
「取り敢えず自己紹介しておきますね。
私がフレアで、あの子がエーミールちゃんです。」
「俺はユウキです。」
「どうやって気付いたんですか?」
「明らか強い個体が人を襲ってる感じがしただけです。それでは薬草と戦闘訓練の帰りなんで失礼します。」
「待ちなさい。あの強さは何?さっきとまるで違うじゃない。」
「さっきは、ゴブリン達ならギリギリ勝てるステータスにして、スキルを使わなかっただけです。今のはステータス全開ですが、スキルは使っていません。」
「なんでFなのよ。」
「今日登録したばかりですので。」
「それなら一緒に冒険者ギルドに行きましょう私達が証人になるから、こいつらの死体を見せればランク上げてもらえるよ。」
「よろしくお願いします。ところで、もうここに用がないなら、私にしっかりと捕まって下さい。走りますので」
「わかったわ。」
「は、はい。」
「気をつけて下さいね。」
「速っっっ!」「キャァァーーーーー」
「到着しましたよ。」
「すみませんデュミスさん。依頼の薬草と、ゴブリンと、オーガです。」
「はぁ‼️貴方が1人で⁉️オーガジェネラルも⁉️」
「そうですよ。デュミスさん。私達がそいつらにやられそうになった時に助けて頂きましたから。」
「分かりました。少しギルドマスターに相談して来ますね。」
「どうしたんじゃい?」
「「「マスター‼️」」」
「実は、今日登録した冒険者がこれを…」
「ほう、エーミール達が証人か?」
「はっ、はい。」
まじかよ。あのエーミールが恐縮してるよ。
[当たり前ですよ。この老人は、かつて神の
魔法剣士と呼ばれた人の二人だけの弟子にして、元SSSランク冒険者ですから。]
まじかよ!有名人じゃん。
「君がその冒険者かね?」
「は、はいユウキといいます。」
「そうか、では闘技場に来い。今からわしと模擬戦を行う。」
「わ、分かりました。」
「あんたマスターと闘うわけ⁉️」
モブ1「おい!こいつがマスターと、模擬戦するらしいぞ!」
「「「「「「おい兄ちゃん頑張れよ!めっちゃ強いからな‼️」」」」」」
「はい。ありがとうございます。やっぱり闘う事になってしまいましたね。」
「あんたが強くたって勝てる訳がないわ‼️」「やるしか無いですし、まぁどうにかします。」
[実際かなり厳しい闘いになるでしょう。]
まじで言ってる?
[衰えたとはいえ、もう死んでいますが「想像創造」の保持者の弟子、さらにはその能力の下位互換のスキルの持ち主ですから。]
これは初めての強敵との闘いになるな。
つか俺のスキルの先代能力者の弟子!!!
今度先代の話を聞いてみたいな。
でもさ、戦闘訓練でレベルも上がってステータスもめちゃくちゃ上がったし
[甘い考えを持たないでください。衰えてなおステータスでこちらが勝っている訳では無く、戦闘経験も豊富です。]
了解。
ちなみに今のステータスは、
  ステータス
レベル40
 HP:894756/894756
魔力:無限
筋力:806742
俊敏:832431
スキル・称号:特に変化なし。
という感じになっていて、これよりも高いとか同等らしいからな。そして、勿論あいつは身体強化を持っている。戦闘経験も天と地の差。こりゃあ普通に厳しいな。
「さてユウキ君。先程自己紹介をしていなかったね。私は、アルフレドだ。よろしく。ルールは簡単だ。どちらかが気絶・戦闘不能・降参するまで模擬戦を行う。使用物は無制限じゃ。」「分かりました。」
「デュミス審判をしておいてくれ。」
「は、はい。これより現ギルドマスターのアルフレドと、Fランク冒険者のユウキによる模擬戦を行います。両者構えて…始め‼️」
行くぞヘレナ‼️
[はい、マスター。身体強化を発動その他全てのスキル称号効果を常に発動状態にします。]
ちょっくらステータス覗くか。
 ステータス
レベル128
HP:5967428/5967428
魔力:無限
筋力:3879531
俊敏:7495862
スキル・称号:俺が持ってるスキルなども持ってる。
こいつ化け物じゃねえかよ。
「っ!」右ストレート⁉️ シュッ
「ぶね、っっっ!」回し蹴りだと‼️
駄目だ避けられねえし防御も出来ない。
「ぐは!」 ひゅう〜〜 ドゴーン‼️
「痛っ!」
「どうした?その程度じゃ無いのじゃろ?」
まさか一撃目を避けられるとは。二撃目は食らったとはいえ受け身もできている。
「流石ですね。でも、絶対倒してみせますよ!」
「やれるものならな。」
これは面白い。


初めての強敵ですが、ギルドマスターは実際は衰えていませんステータスは、マスターの偽造のを主人公が見ています。
コメント待ってます‼️

「異世界転移?⁉️ いいえ転生です」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く