Liar bunny -嘘吐き兎が吐いた嘘-

祈雨

緋色の花

緋色の花 咲き乱れ
無数の棘 僕を狙う
傷付いた躯の真ん中に
大きく空いた まるい穴
この唇では
癒せるわけもなく
この掌では
触(サワ)れるはずもなく

水晶に映すのは
あの頃の 僕等 繋ぐred
閉ざされた扉 開ける呪文
"開けゴマ" …なんてね

水晶に映るのは
昨日までの 僕等 結ぶred
閉ざされた心 開く呪文
"I Love U" …だってさ

緋色の花 咲き乱れ
無数の棘 僕を狙う
傷付いた躯の真ん中に
大きく空いた まるい穴
この唇では
癒せるわけもなく
この掌では
触(サワ)れるはずもなく

千切られた翅(ハネ)
曲げられた指
積み上げるは 神の仕業

切り裂かれた痛みさえも
ふたりなら癒せるはずさ

今、手を繋いで

「Liar bunny -嘘吐き兎が吐いた嘘-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く