Liar bunny -嘘吐き兎が吐いた嘘-

祈雨

片翼の代償

右翼を失くした 黒い鳥たち
空を飛びたい
それだけなのに
なんて理不尽なんだ
僕にも 大きな羽根があれば

左翼を失くした 白い鳥たち
空を飛びたい
それだけなのに
なんて理不尽なんだ
僕にも 綺麗な羽根があれば

いつか報われると信じて
今まで 生きてきたのに
嗚呼 神様
どうかもう片方
翼をください

千切れそうな声で叫んだのは
いつかの孤独
忘れたいからで
罪の無い 君たちには 関係ないよ

いつか報われると信じて
今まで 生きてきたのに
嗚呼 神様
どうかもう片方
翼をください

"契りを交わし 祈りたまえ"

黒い鳥は 左翼を授かり
代償は その 美しい声

枯れた声でも 僕は満足
これで 空を飛べるのだから


白い鳥は 右翼を授かり
代償は その 美しい躯

汚れた躯でも 僕は満足
これで 空を飛べるのだから

負け惜しみじゃなくて
強がりでもなくて
翼があれば それでいいの
代償なんて 関係ないの

物語は"Happy End"
じゃなくても…

「Liar bunny -嘘吐き兎が吐いた嘘-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く