Liar bunny -嘘吐き兎が吐いた嘘-

祈雨

待ちぼうけ

幾度 繰り返せば
貴方に届くの?

手をのばして 触れたのに
幻影だなんて嘘だわ

つき通せる嘘
どこにもないから
すぐにばれるのは
私の弱い部分(トコ)

小さくても 儚くても いいの
はっきりした 愛が欲しくて
わがままなのは 解ってるのに

Please call me,
in your voice...

小さな扉の 向こう側
Black Hall みたいな 暗闇
自分の存在すら 見えないから
貴方の名を呼ぶの

Please call me,
in your voice...

小さな扉の 向こう側
White Hall みたいな 陽炎
自分の存在さえ 解らないから
貴方の名を叫(ヨ)ぶの

永久に 貴方を待つの

「Liar bunny -嘘吐き兎が吐いた嘘-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く