Liar bunny -嘘吐き兎が吐いた嘘-

祈雨

6月5日

貴方を見かけた 6月5日
静かに落ちる 雨の雫(ツブ)
貴方の 綺麗な青い傘
景色に 馴染んで 溶けてくよ

甘くて優しい 貴方の香り
足音 小さくなる頃は
なぜか 愛しく思えるよ

いつだって そう
似た人を 目で 追うの
貴方の残像 焼き付けて
それはただの ワガママなのに

馬鹿な女(ヤツ)って 思うでしょ?
いるはずないのに、ね?

貴方を見かけた 6月5日
静かに落ちる 雨の雫(ツブ)
貴方の 綺麗な青い傘
景色に 馴染んで 溶けてくよ

「Liar bunny -嘘吐き兎が吐いた嘘-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く