Liar bunny -嘘吐き兎が吐いた嘘-

祈雨

信哀

人ゴミの中で 独り
君を探す 僕がいた
人間の群は ぽつり
僕を残し 過ぎていく

信じられるモノは 何処に?
縋り付くモノが 欲しいだけ

裏切られたの 僕。
何度目か なんて 知らない
ただ、裏切られたの また。
何度目か なんて 識らない

人ゴミの中に 一人
君を唄う 僕がいる
人間の群に 飲まれ
君を忘れ 過ぎていく

信じられるモノは 何処に?
縋り付くモノか 欲しいだけ

いつかの君は
眸を閉じるだけ

「Liar bunny -嘘吐き兎が吐いた嘘-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く