Liar bunny -嘘吐き兎が吐いた嘘-

祈雨

なみだ

果てない涙の渦に
飲まれるのが 怖くて
助けを 呼んだの
傷付くのが 怖くて
裏切りが 怖くて

お願いだから もう やめて…

傷付け合った あの日の記憶
忘れたいのに できなくて
苦しみはいつの日か
消え薄れてく
そう 信じて…

時間を返して
過ちを犯す 前の時間を


ひとりぼっちで泣いた
あたしを慰める
その手は温かくて…

「Liar bunny -嘘吐き兎が吐いた嘘-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く