Liar bunny -嘘吐き兎が吐いた嘘-

祈雨

Rose

枯れた花を見る度に
心は痛みを思い出す

泣き腫らした顔 痛々しく
鏡はひび割れたまま

どれほど愛していても
裏切られては おしまい
そんなこと 理解(ワカ)っていたのに

どれだけ愛されてても
嫌 と言えば それまで
君が為 想っていたのに

泣き落とされた 子羊たちは
今は 静かな 森の中
狼たちが 怖いの
私たちは 悪くないの

罪無き少女たち
眼を閉じ 耳を塞ぎ
感じるべきモノは
永久に夢の中

何時の日か 巡り逢うなら
柩の中 薔薇を捧げ
そっと 呟くでしょう

「もっと 私を 愛して」と…



※薔薇の花言葉は
「情熱の愛」

「Liar bunny -嘘吐き兎が吐いた嘘-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く