Liar bunny -嘘吐き兎が吐いた嘘-

祈雨

春傷

指先の包帯 滲むRedは
あたしの死の旋律を奏でる
嗚呼 胸に刺さる 棘が痛い
細く 長く 伸びる針は
あたしの中に 潜んで
永く 永く 姿を見せずに

嗚呼 胸を抉る 牙は痛い

指折り数える 春はまだ遠い
このKissだけではきっと
あなたを傷つけてしまうから
お願い どうか 毒をください
甘くて 切ない "愛"という毒を

指折り数える 春はすぐそこに
このKissだけではきっと
あなたを壊してしまうから
お願い どうか 毒をください
甘くて 苦しい "恋"という毒を

淡いPinkの 小さな花びら
春からの贈り物です。

左手の包帯 堕ちるRedは
あたしの死の旋律を奏でる

嗚呼 胸に刺さる 棘が痛い
細く 長く 伸びる針は
あたしの中に 潜んで
永く 永く 姿を見せずに

嗚呼 胸を抉る 傷は痛い

嗚呼 胸に残る 春は痛い

「Liar bunny -嘘吐き兎が吐いた嘘-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く