Liar bunny -嘘吐き兎が吐いた嘘-

祈雨

Lonely But...

静かな夜は耳が疼く
真上に三日月を見て
一歩、一歩 踏み出す

手紙は届いていますか?
泣き出した鏡に
ハンカチーフ差し出す
僕だって
本当は 寂しくて…
寂しいから逢いたくて
強い子なんかじゃないの

部屋の隅でひとり
君が居ないと広すぎる
寒いのは もう 慣れました

ビルの谷間に埋もれて
泣き出した鏡は
君の名前を叫ぶだけ


本当はね、
寂しくて仕方ないの
全然 強い子なんかじゃないんだよ
君が居ないと 何もできない…
僕はただ 強がってるだけ
だから…
だから…

「Liar bunny -嘘吐き兎が吐いた嘘-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く