Liar bunny -嘘吐き兎が吐いた嘘-

祈雨

桃色-pink-

恋に恋して 夢を見ていた
あの頃のアタシは
もう居ないのかな。

空にぽつり曖昧で
それでいて曖昧な
ひとつの灰色の染みは
桃色のアタシを 嘲笑うかのように

光を亡くした 白っていう色
闇に呑まれた 黒っていう色

どっちでもない
アタシっていう桃色。

桃色は 桃色にしかなれなくて。

曖昧、そして中途半端な
pinkはpinkなんだから。

恋に恋して 夢を見ていた
あの頃のアタシは
もうさようなら。

「Liar bunny -嘘吐き兎が吐いた嘘-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く