Liar bunny -嘘吐き兎が吐いた嘘-

祈雨

サヨナラなんて 言わないで
聞きたくないわ
その詞(コトバ)
わかるでしょ?
貴方無しで生きられないこと
ゴメンネなんて 言わないで
今更 そんなの卑怯だわ
わからないの?
貴方を強く想う気持ち

紅薔薇の如く 美しく
白百合の如く 可憐に
私を散らせてください

貴方の腕の中で
私は 永い眠りにつくの

夢でも 貴方に 出逢えるように…

「Liar bunny -嘘吐き兎が吐いた嘘-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く