Liar bunny -嘘吐き兎が吐いた嘘-

祈雨

何色にも染まらぬ黒も
貴方の色には染められる
何色でも消し去る白も
私の色には消されない

二人が出逢うには
運命も 未来も
裏切るしかなくて
つまらない遊戯(アソビ)というのなら
それを信じるべきでしょう
貴方を愛すには
心も 躯(カラダ)も
受け渡すしか無くて
潔く諦めるというのなら
そんな事など要らないの

私を抱いた貴方の腕は
力強く そして温かい
心を亡くした此の街で
ようやく見付けた私の居場所
夢でさえ逢えないのなら
こんな恋なんて要らない

妄想(ユメ)も現実(マコト)も同じ事
ならば敗れよ はかなき恋よ…

「Liar bunny -嘘吐き兎が吐いた嘘-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く