Liar bunny -嘘吐き兎が吐いた嘘-

祈雨

Wish

時は止まり
僕を 置き去りにして 嗤う
いい気味だ と。

君の背中の 羽根をもいで
飾り立てよう
薔薇とともに

透明な筺は壊れやすいの。

時を止めて
星にお願い

幼い少女の涙をあげる。

泣き顔もとても
綺麗すぎるの。

首輪をつけてもう君は
僕ノモノ。
誰にも
誰ニモ 渡さないよう

嗚呼 また、星が瞬いて
どうかお願い

思い通りの
答えでなくとも…

「Liar bunny -嘘吐き兎が吐いた嘘-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く