Liar bunny -嘘吐き兎が吐いた嘘-

祈雨

悲観傍観者

詩人は云いました。
「人は誰もが孤独なのだ」と。
それは、ちがうよ。
「孤独なのは貴方の心」と。

詩人は可哀相な人。

春を感じながら 風に唄う
そんな幻(ユメ)をみて

私はかわいそうなヒト

1989----------
脳裏には「愛」
あの人 は 私を造って。

もう忘れたわそんな風に
詩人も 私も 想わない。

不思議は不思議により、
不思議と成るのです。

孤独な詩人の心は
何処か、遠くへ 旅に出ました。

「Liar bunny -嘘吐き兎が吐いた嘘-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く