Liar bunny -嘘吐き兎が吐いた嘘-

祈雨

S&A

君を待つ
妙に長く感じる時間

君の姿(カゲ)
居るはずがないのに‥

小さな箱の中
君からの手紙待ってる
来ないのは毎日(イツモ)のことだけど
寂しくて 悲しくて
今日なんか 特にさ。

扉の向こう側
人の群
僕の嘆く声は 掻き消され。

君と僕 僕と君
近くて遠い存在

やっと見付けた僕の蕾は
咲く事を知らない

花は
土と水だけじゃ
咲けないの。

無意味な追いかけっこは終わり。

赤い風船は空に捨てられた。

「Liar bunny -嘘吐き兎が吐いた嘘-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く