Liar bunny -嘘吐き兎が吐いた嘘-

祈雨

INNOCENT Story...

嫌われものの蛙
あたしに耳打ちするの
「どうか私に魔法をかけて
人間に 人間に…」

人間の世界なんて
汚れたモノが溢れてる
でも
蛙は人間になりたいの

嫌われものの烏(カラス)
あたしの手を引いて
「どうか私に魔法をかけて
鮮やかな羽根を…」

鮮やかな鳥たちは
外の世界を知らない
でも
烏は綺麗になりたいの

空と海の間
溝は深まるばかり

太陽と月も
喧嘩してばかり

沈黙を破る羽音

裏切りは もう忘れよう



蛙は実は 王子様で
烏はホントは 真っ白な鳩

空と海の間の溝は
雲が埋めてくれました

太陽と月の間には
朝と夜が生まれました

物語はHappy Endでは終わらない

それでも夢見る
あたしはPrincess

「Liar bunny -嘘吐き兎が吐いた嘘-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く