表世界で最弱だったが、裏世界では、最強そして、『二つの選択肢』

高原 響

プロローグ

プロローグ
何もない日々を毎日が退屈だった。

「はぁ...」

そしたら毎日が平和でこれから始まる青春の高校生活が始まるはずだった。そうあの日が来るまでは。

そうこの日は、いつも通りの日常、ではなくなる日とは誰も思わなかった。

「なぁ、あそこのマックいかねぇ?」

とクスメイトの無月 暗都がいたので、

「あぁ、いいね」

そして俺たちは他愛のない話をしながらマックに行ったら、

「おい、強盗だ!!さっさと金を出せ!!」

マックに入ったら強盗犯とばったりとあってしまったようだ。そして、無月が通報をしようとしたら、

「おい、そこの小僧通報しようとしたなぁ?」

といい、銃口を無月に向けた。

「まずはお前が先に行けよ」

といい強盗犯は引き金を引き脳天にむけて、放った。そして死んだ。周りからは「きゃぁぁ」恐怖におびえて、がくがくする者もいたそして俺もその一人だ。

(ああ、ここで俺も死ぬのか)と思ったとき。

『君に選択をしてもらうよ、生きるか、死ぬかのね』誰からか言われてそしておれは、

―END―

「表世界で最弱だったが、裏世界では、最強そして、『二つの選択肢』」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「戦記」の人気作品

コメント

コメントを書く