脇役転生の筈だった

紗砂

40

薄暗い路地裏を進んでいくにつれ、私の来ていたワンピースが何度か引っかかってしまう。
そんなワンピースを見て私は仕方ないと溜息をつき、膝から下をビリッと破いた。
ただの布となったものをここに捨てていこうかとも迷ったが一応持って行く事にした。
何かの役に立つかもしれない……そう思ったからだ。


「というか…このイベントヒロインに起こるイベントじゃなかった……?
しかもドイツでなく日本で……」


そう、これは兄のルートで起こるイベントだったはずだ。
なのに、何故?
少なくとも私はヒロインでもないし兄ルートに進んだ覚えもな……兄がシスコン化したことが原因だとしたら……?

そんな考えが頭をよぎり、私は思わずその場にしゃがみこんだ。
だがすぐに思考を切り替える。


『愛音が誘拐されるよりもいいじゃないか』


と。
それに私ならば愛音と違いまだ安全なのだ。
私にはまだ利用価値があるのだから。


「今の私は海野家の令嬢ですわ。
海野咲夜はそう簡単に諦めるような人間じゃありませんわ」


私はそう口にしてから表に出ようと歩き始める。
だがその瞳には既に、恐怖という感情は消え去っていた。

きっと転生前…私が杉本香乃だった頃ならば諦めていただろう。
どうせ、帰る場所も、待ってくれている人もいないから、と。
だが今の私には帰るべき場所があり、待ってくれている人がいる。


「ふふっ、私は必ず帰りますわ」


私は天也の事を思い浮かべ、路地裏を進んでいくのだった。



一方その頃……。


「おい、あの女はどうした!?
監視は何をしていたんだ!」

「す、すいません…!
どうやら窓から逃げたらしく……」

「くそっ!
テメェ等に任せた俺が悪かった!
チッ……いいからテメェ等はさっさと捕らえにいけ!」

「は、はいぃぃぃ!!」


その光景を見ていた彼、ロイは逃げ出したという彼女を思い浮かべる。
誘拐されたというのにも関わらず怖がる素振りを見せず気丈に振る舞う令嬢を。
今まで見た令嬢の中で一番変だと感じたあの少女を。
その少女とこの誘拐グループを思い浮かべロイは呟いた。


「そろそろ引き際…か」


と。


「ロイ!
お前もさっさと行け!
使えない奴め……」

「えぇ、行かせていただきますよっと」


彼女と取引をするためにも、ね。



~咲夜~


「さて……ここはどちらに行った方がいいのでしょう?」


私の前には右と左で別れた道があった。
だが、そこで悩んでいてもすぐに追手が来るだろう、そう判断した私は右に進んだ。
左だと先程の監禁場所に近くなってしまうと考えたからだ。
より遠いだろう右の方がいいと判断したのだ。


「はぁ、はあっ……どこまでいけば…表に……っ…!」


走り続けていたため息切れも起こし、疲労のみが溜まり続ける。
その時だ。
私の前に彼が現れたのは。


「お嬢様、ご案内しますよ…っと」

「なっ……あなた、何故……」


そう、私を攫った張本人が目の前に突然出てきたのだ。
それも、私の味方の様な口ぶりで。


「あそこはもう駄目だと判断したんで。
…弟のためにもここで掴まる訳にはいかないんですよ。
なので、取引をしませんか?」

「取引……?」


私は彼の言った事を繰り返す。
彼の表情を見ると、その言葉は本気のようだと感じた。


「えぇ、そうです。
私はあなたがここから逃げる手伝いをしましょう。
その代わり…あなたに私を雇っていただきたい」

「……それは、私に嘘をつけ、ということですの?」

「えぇ。
あぁ、言い忘れていましたが…他の方が来る前に決断してくださいよ?」


私は必死に頭を働かせる。
どの手を使えばいいのか、どうすれば確実に逃げられるのか。

そして、私は答えを出した。


「その取引、お受け致しますわ」

「ありがとうございます、お嬢様」


どうせここで受けなければ彼は私を先程の場所へと戻しただろう。
ならば少しでも可能性のある方へと賭けたのだ。
その賭けが上手くいったのかは分からないが……。
だが、それでも可能性があるのであれば私はその可能性へと縋ろう。
そう思ったのだ。


「では、失礼します。
あぁ……しっかり捕まっていてくださいね?」


彼は私を抱き上げるとそう言って微笑んだ。
私は一瞬だけ固まった。
それを了承と判断したのか彼は走り出す。
まるで庭のように進んでいく彼に感嘆しながら私はチラリと後ろを見た。
未だに追いつかれてはいないらしく少し安心しながらこの状況について考える。


「……ここまでくれば大丈夫でしょう」

「えぇ……ありがとうございます。
改めまして、海野咲夜ですわ。
お名前をお聞きしても?」


私は彼のことを信用出来る人物だと判断し自己紹介をした。


「……この状況で、ですか…」

「えぇ、この状況だからこそ、ですわ」


私が微笑むと彼は苦笑しながらも肩を竦め、名乗った。


「ロイ・サルヴァンと申します」

「ロイさん、と呼ばせていただきます。
私の事はどうか、咲夜とお呼びくださいませ」

「えぇ……。
咲夜様、屋敷の方へ戻りますか?」

「…港とどちらの方が近いかしら?」

「港、ですね」

「では、港へ。
そこに客船が留めてあるはずですしそこからでしたら連絡も出来るでしょうから」

「承知しました」


完全に執事とお嬢様となった会話に私は苦笑を漏らす。
それに気づいていない様子のロイさんはどんどん進んでいってしまう。


「そういえば…弟さんがいるのでしょう?」


私がそう言うとロイさんはおもむろに立ち止まった。


「……えぇ。
今は入院中ですが……」

「……入院…?」

「……あいつ、心臓弁膜症という病気なんですよ。
そのために手術費がどうしても必要なんです」


どうやらそのために私の誘拐に手を貸したらしい。
なんでも手術のためには膨大な手術費がかかるらしい。
そして、その後の入院費もありどうしてもお金が足りないのだという。


「……急ぎますわよ。
それと、戻ったら扱き使ってあげますわ」


その代わりに、私はロイさんの弟を助ける手助けをしよう。
そのためには、まず戻る必要がある。
どうやら私はまた、戻らなければいけない理由が出来たらしい。


「……咲夜様?」

「急いで案内しなさい。
それと…もう二度とこの様な事をしないと約束しなさい。
給料は住み込みで1ヶ月…そうね、65万少し安く設定したのは私に対しての返済費と迷惑料よ。
文句はありませんわね?」

「……そ、そんなに貰えるんですか?」


驚いた様子のロイさんに私は告げる。


「これでも海野家で雇っている者の中では安い方ですわ。
注意事項は契約書にサインしてから伝えますわ。
それと…弟さんの事は安心しなさい。
私の自由に使える分でなんとか致しますわ」

「っ……な、何故そうも……」


そう呟いたロイさんを放って私は歩き出す。
私はきっと、天也や兄には甘いと言われるだろう。
だが私はそうは思わない。
ロイさんには理由があったのだから。
私を攫うしかないほど追い詰められていたのだから。
私だって誰か大切な人が危険な目に陥ったのであれば…何をしてでも助けたいと思ってしまうから。


港につくと、私は客船を探しだし近づいた。
そして船の上にいるだろうスタッフへと声をかける。


「申し訳ありませんが、どなたかいませんの!?」


何度か声をかけるうちに誰かが気付いたらしく降りてくる。


「咲夜様!?
その格好は…!」

「話は後にしてくださいまし。
まずはお父様かお母様に連絡をお願いしますわ。
それと、着替えを用意してくださるかしら?」

「しょ、承知致しました!
すぐにご用意させていただきます!
咲夜様、まずは船へとお乗り下さい!
それと……」

「ロイさんの服もお願いしますわ。
私を助けてくださった際に汚れてしまいましたので」

「承知致しました!」


そのスタッフは私を一室へと案内すると、ロイを連れて部屋を立ち去った。
それからすぐに女のスタッフが来て服を用意してくれる。


「咲夜お嬢様、お着替えはこちらに…」

「えぇ、ありがとうございますわ。
それと、ご迷惑をおかけしてしまい申し訳ありません」

「い、いえ!
咲夜お嬢様がご無事で何よりです!」


私が謝罪をすると彼女はあたふたと慌てた後、退室した。

彼女が持ってきた服に着替えると私は部屋を出た。
すると、そこには着替え終わったロイさんと先程のスタッフがいた。


「咲夜様、旦那様にお電話致しましたところ、すぐにお迎えに上がるそうです」

「分かりましたわ。
ありがとうございます。
それと……申し訳ないのですが2人分の軽食をご用意してくださるかしら…?
それと、落ち着く飲み物を……」

「畏まりました。
後程お部屋へとお運び致します」

「お願い致します」


スタッフが去ったのを確認してからロイさんと共に部屋へと戻る。
そしてこれからの事について話始めた。


「これからですが…この後すぐにお父様が来るのでそこで説明致しますわ。
ロイさんの事は私が説明致しますので話を合わせてください。
そうですね…シナリオとしてはこう致しましょう。
ロイさんは私が逃げ出した後、路地裏で出会い助けてくれた、と。
その後は私をこの港まで送ってくださったとでも。
 そして、恩義を感じた私はロイさんを専属の執事として雇う……。
この様なシナリオで大丈夫でしょう。
もし何か聞かれたら私に口止めされていると言ってください」

「分かりました……ですが、本当にいいのですか?
私なんかを雇っても……」

「問題ありませんわ。
お父様もお兄様も私には甘いですから何とかできるでしょう。
問題のお母様は私の恩人だからと言えば問題ありませんわ」


そんな秘密の作戦をたて、運ばれてきた軽食を食べ終わる頃、父達が迎えにきた

「脇役転生の筈だった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く