脇役転生の筈だった

紗砂

30


温泉から出ると私達は着替え、食事に向かった。
食事はバイキング形式となっていて高級料理が多く並んでいる。


「バ、バイキング形式!?
予約だけで3年もかかると言われているのに…」


とは紫月。

この客船のバイキング付きは1日20名限定となっているのだ。
理由は貴重食材ばかりを扱ってるから。
1人1人の希望も反映しているため少なめにしているのだ。

だが、そんな中でもいつも1席だけは空けている。
急遽VIP待遇の方がきた時のためだ。


「そういえば取るのが難しいと言われてるが……俺の家がとると大抵とれるよな?」

「当たり前でしょ。
お父様が私の友人って事で(嫌々ながらも)VIP待遇として扱っているんだから」

「…そうだったのか?
なんか悪いな……」

「気にする必要は無いよ。
殆どはお兄様がやった事に対するお詫びだし」


そこで皆が黙ってしまった。
……気持ちは分かる。
あのシスコン兄じゃあ……ねぇ?


「……咲夜、あれはいつもあるのか……?」


そう言って天也が指したのはデザートコーナーの一角…マカロンタワーだった。
……うん。
いつもは無い。


「……お父様……お母様に怒られてるだろうなぁ……」

「咲夜ってご家族に愛されていますよね」

「……まぁね。
……ちょっと…結構困る事があるけど。
特にお兄様とお父様の事で」


それに愛音は何か思い出したのかあぁ……と、遠い目をした。
それだけ色々とやらかしてる兄と父に呆れつつも愛されているという事実が嬉しくもある。


「天野様、悠人様から事付が…」


スタッフの1人が近付いてきたかと思ったが兄から天也に伝言があったらしい。


「なんだ?」

「…『僕の可愛い妹に手を出してみろ。
お前の命はないと思え』
との事です」


スタッフを帰すと私は頭を抱え、他の皆は顔を引き攣らせた。


「……お、お兄様の……馬鹿ァァァァァァァ!!
シスコン!!
過保護!!……?」

「……咲夜、俺生きて帰れる気がしないのだが……」


それは私にもなんとも言えないのだが……。
だが、それを見て笑っている奏橙は性格が悪いと思う。


「はぁ……まぁいいや。
とにかく、食べよう…」

「…あぁ。
最後の晩餐になるかもしれないしな…」

「物騒なことを言わないで欲しいんだけど…?」

「そうですよ!
そんな事にはならない…と思います………多分」


……多分って!!
言い切って欲しかった!!

愛音にまで言われてしまい自分の兄の病気が早く良くなって欲しいと思う。


「咲夜のお兄様ってあの…虫嫌いで妹を大切にしているのですよね?
その方が何故…?」

「…お兄様の言う虫ってさ男子の事なんだよね。
害虫が天也と奏橙かな。
あの自他共に認める重度のシスコンは…ねぇ……?」


紫月のイメージを壊すようになって悪いけど……。
この頃は奏橙は虫になって天也が毒虫になってきたんだよね。
……これもどうかとはおもうが…。






閑話休題






それぞれ、食事を持ってきたところで夕食が始まった。
私の皿の上にはバランスよくのせられている。
その中でも料理長のオススメでもあるローストビーフは少し多めにとってきた。


「さ、咲夜……こ、高級すぎて……」


愛音とは萎縮してしまうらしい。
弟である魁斗の方は既に食べているのだが。


「気にしなくていいのに。
ほら、魁斗だってもう食べ始めてるよ?」

「む、無理!
無理ですよ!
こ、こんな高級なもの……」

「姉さん、食べないのか?
美味いぜ?」


魁斗は何食わぬ顔して平然と食べている。
それを見た愛音も恐る恐るといった様な感じだったが食べ始めた。


「っ…美味しいっ…!」

「でしょ?
家のイチオシの料理人だからね」


私が満面の笑みで自慢すると天也がゴホゴホと咳をした。
器官に入ったのだろう。
そのせいなのか顔が赤くなっている。


「…やば……かわ……」


…やばい?
かわ?
川……三途の川?

器官に入った事で三途の川が見えたとか?
………大丈夫そうだから放っておこう。


「咲夜様」

「あら……天童さん?
何故あなたがここに……?」


私に声を掛けてきたのは屋敷にいるはずの天童さんだった。
移動になったのだろうか?


「副料理長が体調を崩しましたので代わりに私が配属されました」

「そうだったのですか……。
副料理長に、お身体をお大事になさってくださいと伝えてください」

「承知いたしました。

咲夜様、ケーキをご用意させていただいているのですがどういたしますか?」


……父はケーキまでも用意させていたらしい。
いや、嬉しいけどさ……。
…私達、6人だけなんだよね。


「もう少ししたらお願いしますわ。
それと…ザクロのジュースはあるでしょうか?」

「はい。
ご用意致しております」


ザクロのジュースはこの船の人気の1つだ。
酸味と甘味が丁度よく合わさっていて美味しいと評判なのだ。
このジュースを求めて乗る人もいる程に。


「では、それを人数分お願いしますわ」

「かしこまりました。
そちらはすぐで宜しいでしょうか?」

「えぇ」

「少々お待ちください」


そういって天童さんは一旦、厨房へ戻ると人数分のザクロジュースを持ってきた。


「お待たせいたしました。
ザクロのジュースです」

「ザクロの?」

「えぇ。
この船の名物の1つとなっております」


天童さんは微笑みながらもそう説明をした。


「そうでしたわ。
天童さん、後程少しお時間をいただけるかしら?
ご紹介したい方がいますの」

「承知いたしました。
……では、失礼致します」


天童さんが私から離れたのを見計らい疲れたように口調を元に戻した。


「天也、後でちょっといい?」

「ん?
あぁ、いいが……」


これでいいか。
家のお抱え料理人ってこともあるし…何より両家に関わりのある料理人の兄弟だしね。
今度春瀬さんのパスタ、食べに行きたいなぁ……。


「あ、そうだ。
ケーキ用意しているみたいだからあんまり食べすぎないようにね?」


一応忠告しておく。

さて、私はマカロンを取りに行くとしよう。

私はマカロンコーナーでいくつかマカロンをとった後、席に戻りゆっくりと食べ始める。


「ん~!
美味しい~」

「咲夜、本当に美味しそうに食べますわね」


皆から注目されていたことに今更ながらに気付き、恥ずかしくなり俯いた。


「そういえば、今日は柚子はないんだな」

「そんな柚子ばかり食べてるわけじゃないし。
偶には抹茶とかも食べたいし…」


私は思わず口を尖らせた。
そんな私の様子に天也は咲夜らしい、と笑った。
その笑顔を見て更に顔が熱くなっていくのを感じる。

天也に対しての恋愛感情を自覚してからというものこんな仕草1つで顔が熱くなり、胸が高鳴るのを感じる。
まるで病気のようだ……そう思う程自分がおかしくなっている。


「咲夜?
熱でもあるのか?」

「無いし!
もう!
…そろそろケーキお願いするよ?」

「あぁ、そうだね」


少し笑いの含んだ声を出したのは奏橙だった。
奏橙は私を見てただニヤニヤしていた。
絶対、理由に気付いているだろう奏橙の足を思いっきり踏みつけてやる。


「いっ………咲夜、それは洒落にならない…」

「何か?」


私は満面の笑みで聞き返す。
奏橙は顔をひきつらせながらも身を引いた。

……まぁ、確かに痛いだろうね。
…ヒールだし。

でも、刃を出さなかっただけマシだと考えてほしい。

私の兄と父は過保護過ぎるあまり靴にやたらと仕込みをするようになったのだ。
この靴もその1つ。
ある仕掛けを作動させると刃が出るようになっている。

他にも今着ているドレスの裏には2本のナイフが入っている。
折りたたみ式と鞘に入っているものだ。
……強度はないが。

あとは…ズボンかな。
ズボンの足首の辺に針を隠せる部分があるのだ。
そこには睡眠作用のある液体を塗りつけてあるものと麻痺をおこすもの、あとは痛みを消すものの三種類がある。
それの他に何も塗っていない針もあり、各瓶を持ち歩くようにしている。
ちなみに、何種類かの解毒剤も持たされている。

……父と兄は一体何を想定しているのだろうか?


「すいません、ケーキをお願いしますわ」

「かしこまりました」


すると、それから少ししてから大きなケーキを持ってきた。
これには私も絶句した。
まさか、ここまでとは思っていなかったのだ。
……その大きさはまるでウェディングケーキほどにある。
それを誰が想像出来ただろうか?


「……咲夜」

「……言いたい事は分かっています。
ですが…誰がこんなに大きいと思いますか!?
まず、ケーキを用意した事も先ほど聞いたばかりですのよ!?」

「………はぁ……」

「…私はひと切れで十分ですわ」

「私もひと切れでいいかな…」

「私も…」

「俺もひと切れで…」

「僕もひと切れで」

「俺もそれで…」


各自、ひと切れ取ったところで減ったのは10分の1よりも少し少ないだろう……。


「…皆さん、もう宜しいですの?」

「あぁ」

「…天童さん、スタッフの皆さんをお呼びして頂戴」

「かしこまりました」


スタッフの人達が来るまで少しずつ食べていると皆が集まったようだ。


「…50人、ですか…。
少し心もとないですが……。
皆さん、お疲れ様ですわ。
本日は私と友人達のために働いてくださりありがとうございます。
そのお詫びと言っては何ですが……。
残りは皆さんでいただいてください。
これから二日間も宜しくお願いしますわ」


少し笑みを浮かべつつ言うと皆、嬉しそうにしていた。
一杯ずつザクロのジュースも用意するように言ってから私達は夕食を終えたのだった。



「脇役転生の筈だった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く