脇役転生の筈だった

紗砂

27


婚約決定から3週間たった日の事だった。
未だ私のもとには連絡が来ない。

それは学校での事だった。
私も天也も学校では婚約の話を一切しないと決めていた。
だが、奏橙が……。


「来週のパーティーってやっぱり婚約発表なんでしょ。
それを知らない令嬢達が皆気合い入れているみたいだけど……」


と。
そんな話を聞いていなかった私は否定しようとした。
だが、その前に天也が肯定した。


「あぁ。
今から楽しみだ…と、これ以上言ったら不味いな」

「あ、秘密にしてるのか」

「まぁな…」


どんどん進んでいく話に私はついていけなくなってくる。
まず、そのパーティーの話私は聞いてない!!


「…その話、聞いてませんわよ。
詳しく聞かせてくださりますよね?」

「……連絡はしたぞ?
2週間前くらいに」

「……お兄様かお父様ですわね。
お母様の方にも連絡を?」

「あぁ。
咲夜の母親の方に連絡したからな」


……これで分かった。
多分、父と兄のどちらかじゃない。
両方だ。

そう分かった途端、私は頭を抱えるのであった。


「咲夜、大丈夫か?」

「……大丈夫ですわ。
ただ、あのお母様でさえお父様を止められないのかと頭が痛いだけですから。
それと、日時と場所を教えてくださるかしら?」

「……あぁ。
日程は来週の土曜、時間は夜7時から。
場所は俺の家の所有するホテルだ。
場所に関しては後で地図を送る」


私は天也にお礼とお詫びをすると家に帰り兄を問いただしたのだった。
すると、いとも簡単に話してくれた。


「父さんと協力して咲夜の耳にいれないようにしていただけなんだ!」


と。
それに対して私が怒ったのは言うまでもない。
父に関しては母経由で怒ってもらった。


それからというものパーティーに向けての靴やアクセサリーなどと色々準備に手間取った。
ドレスに関しては兄が作らせていたのでそれで良しとした。


そして当日。
私は6時過ぎにホテルへ行き、軽く段取りを確認してから50分頃に会場入りした。
そしてそこには既に殆どの人が集まっていて私を余計に緊張させる。
お母様とお父様は前日に戻ってきているため今回のパーティーにも参加をしている。
……まぁ、準主役の両親だしね。


「咲夜、緊張してる?」

「奏橙……。
それは緊張するに決まっていますわ…」


奏橙が飲み物を持ってやって来る。
紫月は友人と話しているらしい。
……つまりは私を令嬢避けに使ったと。
理由は分からなくもないため許すが。


「ははっ、やっぱり緊張するよね。
でも、咲夜は咲夜らしく堂々としていればいいよ。
あとは天也に押し付ける。
それがいつもの咲夜でしょ?」

「……そうですわね。
ありがとうございますわ。
もうすぐ始まりますし……。
面倒な事は天也に押し付けることにしますわ」


私はそう言うと奏橙に渡された飲み物を飲みきりグラスを返すと軽く深呼吸をした。


「失敗したら奏橙を巻き込んでさしあげますわ」

「それは…辞めて欲しいな…」


私は普段の調子を取り戻し軽口を叩くと奏橙は苦笑を浮かべた。

ちなみに私は本気だ。


『皆、よく集まってくれた。
今日は皆に報告がある。
息子の天也の婚約が決定した。
…こちらへ』


既に天也はステージの上にいる。
そのため行くのは私だけだ。

うわぁ……やっぱり緊張する。

すると、天也は段取りには無かったが降りてきて私をエスコートする。


「……咲夜、大丈夫だ。
俺がいる。
そんな緊張する必要はない」

「……えぇ。
…だいぶ落ち着きましたわ。
ありがとうございますの」


本当、天也の声を聞くと安心してくるのだから不思議だ。


「初等部の頃、会長の挨拶の時よりも人数は少ない筈だ」

「……あれは…その場の勢いというものですわ。
今と状況が違いすぎますもの」


だが、そんな話をしているだけで心に充足感が満ちていく。
それはやはり私が天也のことを好きだという事なのだろう。


『紹介しよう。
天也の婚約者、海野咲夜さんだ。
挨拶を』


私は天也の父からの紹介に合わせて礼をしたあと、そのまま義父さんから促され挨拶をすることになった。

……緊張で何を言ったのか覚えていないというのは重症ではないだろうか。


『これで私からの報告は終わろう。
皆、楽しんでいって欲しい』


その言葉を合図とし会場には曲が流れる。
最初だからか少しゆったりとした曲だ。

私と天也は2人揃って下へ降りていくとすぐに人に囲まれてしまった。
何より大変なのは……。


「咲夜、咲夜咲夜咲夜咲夜咲夜咲夜咲夜咲夜咲夜……。
僕の可愛い妹が……。
こんな、こんな奴にとられるだなんて…!!」


それを聞き私は思わず顔を引き攣らせた。
兄は怒った母に連れていかれた。


「咲夜!
私の可愛い可愛い娘!
それなのに…!!
こんな奴にとられるだなんて!」


父も同族だ。
そしてやはり怒った母によって連れていかれた。
こうして角では母が父と兄の2人を正座させ怒っているという状況が作り上げられた。


「……咲夜」

「……申し訳ありませんわ…。
後でちゃんと言い聞かせますわ」


……なんとも神妙な雰囲気となったのだった。
それを破ったのは天也の父。
つまりは私の義父さんだ。


「やっぱり娘離れはしてなかったかぁ」

「……雅人…私の娘を…!!」

「紅谷、そろそろ娘離れ…」

「する気がないからいいんだ!!
咲夜は渡さ…」

「あ・な・た?
ふふっ…まだ分かっていないようね?
いいわぁ。
悠人も来なさい。

咲夜ちゃん、ごめんなさいね。
少し、お説教が必要な様だから失礼するわ。

雅人さん、少し部屋をお借りしても?」


母は随分お怒りの様だった。
……父も兄もこれで反省すればいいのだが。
きっと無駄だろう。
あの病気は治らない気がする。


「あぁ。
案内させるよ」

「ありがとうございます。
天也さん、咲夜ちゃんの事お願いしますわ」

「っ…は、はい」


母はスタッフに連れられてそのまま父と兄を引きずりながら退場して行った。

……本当、恥ずかしい。
あの2人はどうにかならないのだろうか?


「海野グループのご令嬢とはお初におめにかります。
私、東野コンポレーションの……」

「咲夜様、でしたかな?
私は…」


というところで私は軽く会釈するだけにし、聞き流すことにした。
聞き流すといってもちゃんと会社名と名前、顔は覚えている。
その他の下らない世間話を聞き流しているだけだ。

そこで1曲目が終了しクールタイムとなる。
そこで天也は動き出した。


「咲夜、1曲どうだ?」

「喜んで」


私は微笑むと天也の手を取り、私達を囲んでいる人達に軽く謝罪を入れてからダンスのホールへと向かった。
曲が流れダンスが始まるとその流れに応じて奏橙と紫月の2人が近付いてきた。


「天也、咲夜、婚約おめでとう。
ダンス中だけど…これが終わったらきっと話せないからね」

「咲夜、天也さん、婚約おめでとうございます」


2人のその優しさが心に染み渡る様だった。


「ありがとうございます、紫月、奏橙。
今度は2人の番ですわね」

「あぁ、そうだな。
2人の婚約パーティーはちゃんと呼べよ?」


すると、あの奏橙が顔を赤くして慌て出す。
それを見て私達3人は笑ったのだった。


「楽しかったな、咲夜」

「そうですわね。
…天也、飲物を貰いに行きませんか?
生憎、他にも挨拶をしたい方がいるようですし…」


私の言いたい事が伝わったのだろう。
天也は快く了承し、飲物を取りに行く。
私達はまだ未成年なので烏龍茶にしておいた。


「咲夜、向こうのスウィーツのコーナーにマカロンがあるの知っているか?」


そうニヤニヤしながら言ったのは天也だった。

私もつい反応してしまい天也に笑われる。
私のマカロン好きは変わっていないのだ。
……マカロン、美味しいんだもん。

結局私は天也の思い通り、マカロンを取りにスウィーツコーナーまで行き何種類かを取り分けて貰ったのだった。
私が選んだのはベリー、柚子、レモン、ローズ、バニラをそれぞれ2個ずつで10個だ。
少し取りすぎかとも思ったが考えない事にした。


「美味しい…。
…これ、ロマージュのマカロンですの?」

「……良く分かるな…。
さすが咲夜……」

「当たり前ですわ。
この辺で3種のベリーを混ぜているのはロマージュだけですもの」


ロマージュのマカロンは私のお気に入りなのだ。
まぁ、値段も結構するためあまり行くことはないが。
だが時々、兄に買ってもらう事があった。
そのためロマージュのマカロンは私にとってわかりやすいのだ。


「……マカロン好きもここまでくると病気だな」

「あら。
病気だなんて酷いと思いますわ。
お兄様やお父様程酷くありませんもの」

「いや、あれと比べたら駄目だろう」


人の兄や父をあれ呼ばわりなんて……。
まぁ、いいけどさ。
それと私もわかってはいるものの兄と父の病気を認めたくないという気持ちはあるんだよ?
それを…それを……!!


「咲夜先輩!」

「勇璃君、来ていらしたんですのね」

「は、はい…!
咲夜先輩、その…ご婚約、おめでとうございます。
…咲夜先輩が嫌々婚約されたとかではなく良かったです。
もし嫌々ならファンクラブの会員全員で悠人先輩をバックアップしつつ解消まで持ち込む必要がありましたから!」


勇璃君は元気に何事もないかのように言うが結構大変な事を言っているという自覚があるのだろうか?
というか、嫌々婚約してたら兄をバックアップしつつって…本当にやりそうだから怖い!!


「天野先輩、咲夜先輩を泣かせたりしたらファンクラブの会員全員で解消まで持っていくつもりですから!
会員の中にはまだ納得していない人もいるので……。
…僕もですが……。
咲夜先輩が望まない限りは僕も皆を止めておきます」


今、小さく『僕も』って言ったよね?
え?
それって勇璃君がまず納得してないって事だよね!?
それだけ私を思ってくれる人がいるって事か。
うん、きっとそうだ。


それから何人か相手にし、ラストダンスを踊ったところで婚約パーティーは終となった。


「脇役転生の筈だった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く