桜雲学園の正体不明《アンノウン》

美浜

34話 お化け屋敷研究会 (1)

「さあ、出発よ!」


 陽奈が張り切った調子で手を高く掲げる。

 楽しそうな陽奈とは対照的に、俺の隣にいる志穂奈はうつむいたまま一度も声を出していない。

 ガッチガチに緊張していて、右手と右足が一緒にでている。
 今にも泣きそうな顔でプルプルと震えているのはまるで小動物のようだ。


「志穂奈、大丈夫か?」


「ウ、ウン。ダイジョウブ、ダヨ?」


 どう見ても大丈夫じゃなさそうだ。


(······景、気をつけてね。······絶対に······離れちゃ、ダメ)


 海崎と同じように風花さんも耳打ちしてくる。

 何をそんなに気を付けなければならないのだろう。 


(······陽奈が、暴れるのも······大変だけど······志穂奈は、逃げ出しちゃう······から)

 
 なるほど、確かに今の志穂奈の様子を見ていると、いつ逃げ出しても不思議ではない。

 そこまで怖いなら帰ってもいい気がするんだけどな。


「志穂奈、怖いなら帰ってもいいんだぞ? 俺は一人でも大丈夫だし」


「こ、怖くなんてないよ。それに景くんを一人になんてできないよ」


(志穂奈の方こそ一人にできないよ)


 そう思ったのは俺だけではないはずだ。





「じゃあ、私たちはこっちから入るわ」


 しばらく校内を歩いていると、普段俺が授業を受けている生徒棟に着いた。
 
 ここには教室の他に、家庭科室、多目的室、そして俺がなにかとお世話になっている生徒会室がある。

 生徒棟は北口と南口の二つの扉から入れて、少し縦長な構造の建物だ。

 俺たちは今、北口の扉にいる。


「じゃあ、俺たちは南口から入ればいいのか?」


「ええ、そうよ。さあ風花、私たちが一番乗りよ!!」


「······お~~」


 強引に引っ張られている風花さんは、やる気がまったく見受けられない掛け声と共に校舎の中へと消えていった。

 
「俺たちも移動しようか」


 このまま突っ立っていては時間がなくなるので、後ろで魂の抜けかかっている志穂奈に声をかける。


「ウ、ウン。メザセイタダキダヨ!」


「志穂奈、本当に大丈夫か? ダメそうなら無理しなくても······」


「ダイジョウブ、ダヨ」


 明らかに大丈夫ではない。
 でも、ここまで言われると無理やり連れて帰るのも気が引けるし。
 何かが起きないように俺がしっかりと見守ってやんないと。


「ほら」


 上の空でぼーっとしている志穂奈の手をとる。

 普段なら絶対にしないけど、今はこんな状態だし大丈夫だよな?


 そのまま手を引いて、校舎の南口へと向かう。

 
 最初からこんな調子で大丈夫なのか?
 

 俺はまだまだ始まったばかりのお化け屋敷のことに不安を覚える。

 何も起きなければいいな······




「桜雲学園の正体不明《アンノウン》」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • 美浜

    コメントありがとうございます!!
    そのように言っていただけると嬉しいです!!

    2
  • 七田邊佐吉

    読み始めたばかりなのですが、コメントしたくなりました。ライトノベル的な形態の文章を物にしてらっしゃいますね。読んでいてまるでアニメを見ているように映像が浮かび、また声が聞こえてきます。美浜さんの作品をもっと読みたいです。

    1
コメントを書く