俺が魔王になるまで

ビッグバン

伝説の鎧

ゴブリンロードは気がつくとゴールドスライム達の洞窟で看病されていた。
あの後生き残ったゴールドスライム達が彼を運び込んだのだ。そして、しばらくすると奥から巨大なゴールドスライム
ビッグゴールドが出てきた。
彼はゴブリンロードに礼を言った。
「ありがとうございます。おかげ様で我らゴールドスライムは救われました。」
 
それから、ビッグゴールドはゴブリンロードの気持ちを察したのか。こう言った。

「我ららゴールドスライムは倒されても金塊が残っていれば復活できるので貴方を庇ったゴールドスライムも無事ですよ」

そう言うと、ビッグゴールドは何やら鎧の様な物を差し出した。そして、こう言った。

「これは心ばかりの礼です。コレはゴルドンアーマ売って良し、守ってよしの防具になります。どうぞお受け取り下さい。」

こうして、ゴブリンロードはスライム族に伝わる伝説の鎧をてにいれたのだった。

「俺が魔王になるまで」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く