俺が魔王になるまで

ビッグバン

ゴブリンの涙と奇跡

ゴブリンは冒険者達が帰った後仲間たちの墓を作り同胞を弔った。それと同時に同胞達に謝罪した仲間が殺されているというのに何も出来なかった自分を許してくれと。

そして、必ず復習すると涙を流しながら約束した。すると、ゴブリンの涙が墓に落ちた瞬間奇跡が起きた。ゴブリン達の無念の思いと、ゴブリンの思いが同調して、新種の新たな武器を作り出したのである。

その武器の名は略奪の棍棒と言われる武器だった。ゴブリンはその武器を持った。その瞬間、ゴブリン達の怨念が体に流れ込み彼はゴブリンロードとなった。
 
そして、彼はゆっくりと人里に向かって降りて行った。

「俺が魔王になるまで」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く