魅力1000万で万能師な俺の異世界街巡り〜

ずぶ濡れ卍

公にはしないで!


フラグを見事に回収してしまった...もしこれが公にされたら自由に旅が出来ないかもしれない。よし!秘密にしてもらおう。

「お、おいクリアこの職業の事は公にはっておいクリア?おーい聞いてるのか?」

あれ?反応が無いな、どうしたんだ?というか周りの連中まで固まってるな、何かあったのか?


《お》
「お?」


《お前チート過ぎだろーーー!》

あ、そうかよく考えたら俺チートだな。だからみんな固まってたのか!もう魅力のせいで感覚が麻痺してたな。

「と、とりあえずクリア!話を聞いてくれ」 

「は、はい。なんでしょうか?」

「おい、敬語に戻ってるぞ。」

「は!そうだったそうだった。で?話って?」

「俺のこの職業の事は公にしないでくれ」

「自由に旅ができなくなるから?」

「よく分かってるじゃないか、そのとうりだ。」

「うーん本当は勇者様達の職業を公表したかったけど翼の職業は無しでもいっか。信じてもらえないかもしれないし」

「そうしてもらえると助かる」

よーーし!予想どうりの展開だ!後は1ヶ月勉強して、街に繰り出すだけだぜ!

「その代わり条件があるわ」

「ん?なんだ、俺に出来る事なら聞いてやるよ」

「1ヶ月2回以上ペア魔石で通信すること!」

「そのペア魔石ってのはなんだ?」

「離れていても音声の通信ができる魔道具よ」

あー、携帯みたいなもんか。それなら問題ないな。

「へーそんなもんもあるのか。全然問題ないぜ」

「ほ、本当に!?絶対よ?約束だからね!」

「ああ、約束だ」

「ふふふ。やった」(小声)

「ん?なんか言った?」

「な、なんでもないわよ」

(この時クリアはもう翼の魅力にやられています)

「まあいいけど、後はなんかあんのか?」

「もう特に今日はやる事はないわよ、一人一人部屋があるからそこに言ってもらうわ。」

クリアはそう言うと手をパンパンとならす。

「メイドの皆さん、勇者様達をお部屋にご案内して」
《承知いたしました》

その命令を皮切りに一斉に案内が始まる。

「私について来て下さい」

「お部屋はこちらですよー」 

「なあ、一人部屋だってよ、やったな!」

「一人部屋とか超嬉しいんだけど〜」

てな感じに騒がしくなっている。そういえば連中の職業は何だったんだろうか?終始固まっていたから聞けなかったな。まあ今度聞くか。
そんなことより早く部屋に行って寝たい。色々考えたから眠くてしょうがない。向こうの世界だとまだ昼だけどな。



〜少年移動中〜          〜少年移動中〜


「黒鐘様、ここがお部屋になります」

「ほー結構広いなー、俺ん家のリビングの3倍くらいありそうな大きさだな。」

え?変なロゴが出て来て瞬間移動してるって?
スタ○ドに決まってんだろ馬鹿野郎。

「風呂とかトイレはどうすればいいんだ?」

「お風呂は一階の北東に大浴場と露天風呂がございます。それとトイレに関しましては廊下に出てすぐ右にございます」

「ありがとう。それと着替えはどうすればいいんだ?」

「お着替えに関しましては、そのクローゼットに男物から女物まで入っております。どちらでもお好きな方をお召しになられて下さい」

「いや俺女物なんか着ないから!」

「ふふ、軽い冗談でございます。本当に欲しい場合は私に言っていただければご用意致します」

「だからいらねぇよ!」

「かしこまりました。ご質問は以上でよろしかったですか?」

「たく、ああそうだ色々ありがとな」

「いえ、それが私の仕事ですので。それでは失礼致します」

   バタン
ふーやっと静かになったぜ。今日は色々ありすぎてもう疲れた。このまま寝てしまおう。起きてから今後について考えればいいや。



スヤーーーーー(_ _).。o○











    カチャ      キィーーーー    カチャン

「よしよし、翼くんは絶対寝てると思った」(小声)
「本当は寝込みを襲うなんてしたくなかったんだけど、翼くん1ヶ月後に旅に出ちゃうみたいだし、今のうちに既成事実を作っちゃお♪」(小声)
「それに王女様やクラスのみんなに翼くんの初めてをあげたくないしね」(小声)
「でも私も初めてだけど大丈夫かな?うー、今更怖くなってきちゃった」(小声)
「いや、こんなことで怖気づくようじゃダメだよね。よし、まずは服を脱ごう」(小声)


    ガサゴソ     ガサゴソ

「うーー、見られてないって分かってても恥ずかしいよー。翼くん起きてないよね?」(小声)


スヤーーーーーー(_ _).。o○


「よし、ちゃんと寝てるね。それじゃあ失礼し」

冬香ーーーどこーーーお風呂一緒に入ろー

「ま、まずいです。でも私が翼くんの部屋にいるだなんて気付か」(小声)

もしかしたら黒鐘くんの部屋にいるんじゃないのー?
それあるかも!一応行ってみよっかー

「絶対絶命だよ〜どうしようーー。そうだ、確か私の光魔法に《シャインロード》っていう魔法があった気がする。それを使って隣のトイレに入って自然に出てくればいいんだ。さっき試しに使っててよかった〜」(小声)

『シャインロード!』

ファーーーーーーー

「よし!成功した!後はとなりに渡って」
「んー誰だようるさいなー」
「ひぃぃ、ごめんなさーい」
「ん?神崎?ってなわけないか、寝ぼけすぎだな。もう一眠りするか」


「はーはー危なかったー、もう少しでバレるところだった」
「後は自然にここから出るだけね」

キィーーー

「ごめんごめん!ちょっとトイレしてたの!」
「え?冬香?今どこから出てきたの?」
「どこってこのトイレから出てきたけど?」
「そ、そこ男子トイレよ...」
「へ?そんなわけな.....う、う」


嘘でしょーーーーーーーーーーーーーーー!!




その日、城の中に女の子の叫びがこだましたと言う。


小話編でした


「魅力1000万で万能師な俺の異世界街巡り〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く