魅力1000万で万能師な俺の異世界街巡り〜

ずぶ濡れ卍

あれ?私のステータス強すぎ?


おい、起きろ!黒鐘!起きろ!


誰かが俺を呼んでいる声がして目が覚めた。

「あれ?俺なんでこんなところにいるんだ?確か神崎に昼飯誘われて...」

「やっと起きたか、お前で最後だぞ」

ん?俺で最後?なんの話をしているんだ?ここは教室だろ?て、

「どこだ、ここ」

「分からん俺たちも気づいたらここにいた」

今俺が話しているのは、俺が唯一クラスで話す、
東堂仁将とうどうじんとだ。柔道部で全国大会に出場するぐらい強い。

そんなこんなで俺たちが困惑していると、目の前のめちゃくちゃでかい扉が開きお姫様みたいな人と兵士みたいな人が出てきて、お姫様が説明を始める。

「勇者の皆様困惑するのはわかりますが、どうか今は私の話を聞いてください。」

「まず、ここは勇者様のいた世界とは別の世界です。」

この言葉に周りの連中はざわつき出す

「お願いです。今は何も言わず私の話を聞いてください。」

そしてまた皆んな静かになる。

「私の名前はクリア・フォン・アーカイズ、ここベルワール王国の王女です。」

「勇者の皆様は私達の召喚魔法でこの世界に召喚されました。」

「色々と説明したいことはありますがまずは簡単にこれだけ説明させてもらいます」

「邪神を倒して下さい」

この発言でまた周りの奴らがざわつき出す。
すると、クラスの一人の男子が手を上げた。

「あ、あの!質問よろしいですか?」

「ええどうぞ、ええ〜と」

「僕の名前は八神悠人です」 

「悠人様ですね。質問とは何でしょうか?」

「えーと僕たちは異世界に来たんですよね?」

「ええそうですよ」

「でも僕たちは向こうの世界では全く戦いの訓練なんてしてないんですが大丈夫ですか?」

「それは大丈夫です!言い伝えによると、勇者の皆様は皆素晴らしいステータスを持っていると言われていますから」

「そのステータスはどうやって見ることができるのですか?」

「簡単です、ステータスと心の中で思うだけです」

その言葉を聞いて皆んな目をつぶっりだした。
多分ステータスを見ようとしているのだろう。俺もやってみるか。

『ステータス』

    黒鐘    翼         17歳       LV1

     体力                100000
     魔力                1000000
     筋力                85000
     知力                100000
     敏捷                   150000
     防御力             70000
     運                   1000
     魅力                10000000

     スキル

      
     《全魔法適性》 《回復魔法特化》《超回復魔法特化》
     《剣術LV6》           《槍術LV6》   《双剣術LV6》
     《両手剣術LV6》  《投擲術LV6》 《杖術LV6》
     《武術LV6》      《魔力操作》       《全属性耐性》
     《魅了の眼》     《魅了の微笑み》《魅了の匂い》
     《料理LV8》      《錬金術》           《鑑定眼》
     《偽装LV10》    《経験値取得10倍》《レベルアップ時ステータス上昇率アップ》《言語自動翻訳》

      魔法

    《火魔法LV10》 《水魔法LV10》   《風魔法LV10》
    《光魔法LV10》 《闇魔法LV10》   《召喚魔法LV10》
    《空間魔法LV10》《幻魔法LV10》《付与魔法LV10》《生活魔法LV10》
                             【回復魔法LV測定不能】

      称号

     《魔法の天才》《回復の天才》 《万能の天才》
     《絶倫野郎》   《陰キャの敵》 《大運の持ち主》

      加護

    《魔法神の加護》《魅了神の加護》《転移神の加護》
    《回復精霊王の加護》《闘神の加護》




        あれ?俺強すぎない?
てか魅力1000万ってなんだよ!そんなわけないだろ俺は普通の高校生だぞ。魅了の眼とか微笑みとかありえないだろ、どう使うんだよ。

ん?なんか意識を集中したら詳細が出てきた。


        魅了の眼
自分と異性の目が合った時、発動する。
相手は自分に対して好意的に接するようになり、最低でも自分を嫌いにはならなくなる。耐性の低い者は抱いて欲しいと思うほどメロメロになる。
ON   OFFの切り替え不可能


な、な、なんじゃこりゃーー⁉︎
好意的になる?メロメロ?どこのエロゲ主人公だよ!
てことは他の魅了系も同じような効果なのかな?
他のも見て見よう。


     錬金術
物と物を組み合わせることができる。もしくは物と物を合成させて、より良いものとすることができる。
しかし魂のあるものを合成させることは出来ない。


おおう、これもなかなかのチートだな。割と万能そうだしこのスキルは当たりだな。よし次!


     鑑定眼
物の特徴を見抜いたり、他人のステータスを見ることができるようになる。ただし、偽装を持っている者には効かない場合がある。


ふむこれは俺の知っているラノベの鑑定と一緒だな。
偽装も多分同じような効果だろう。よし次!


      言語自動翻訳
全ての言語を自動で翻訳する能力。相手の喋る言葉が日本語に聞こえて、自分の喋る言葉が相手の使う言語になる。文字も同様である。


あーこれのおかげで会話が通じたのか。何気にこのスキルがないとめんどくさかったかも知れないな。よし次!


      絶倫野郎
魅力の高い者が得られる称号。これを持っていると、
精力が無限になり、サキュバスに狙われやすくなる。


いやいらねえよ!こんな恥ずかしい称号誰にも見れられんわ!くっそー次だ次!


      陰キャの敵
リア充もしくは美男美女に与えられる称号。これを持っていると男の陰キャラに好意的に見られにくくなる。


いやもういいよ。お腹いっぱいだよ。ツッコムのもめんんどくさいよ。
後は加護とかだけどまあなんとなく効果分かるしいいかな。
さて、本題だな。回復魔法が異常すぎる。他のステータスは皆んなこんな感じかもしれないけど流石にこれはおかしいだろ。出る杭は打たれなかったらいいけど。

どうしようかと悩んでいると、後ろからこえをかけられる。

「黒鐘くん!黒金くんはステータスどうだった?」 

「ん?神崎か、まあ多分皆んなと同じようなもんだと思うぞ」

「じゃあ何特化だった?」

「えーと回復系だな」

「うそ!私と同じだ!」

お、おれと同じならステータスの比較ができるな、ちょっと見て見るか。


     神崎    冬香    17歳       LV1

    体力              15000
    魔力              30000
    筋力              5000
    知力              10000
    敏捷              3500
    防御力          4800
    運                 500
    魅力              60000

    スキル

    《5大魔法属性適性》《回復魔法適性》《回復魔法特化》
    《全属性微耐性》《優しい微笑み》《言語自動翻訳》

     魔法

    《火魔法LV3》  《水魔法LV4》   《風魔法LV3》
    《光魔法LV5》  《闇魔法LV2》   《回復魔法LV7》
    《生活魔法LV5》

     称号
    《聖女》  《陰キャの生きがい》

     加護
    
    《回復精霊の加護》 


え?弱くない?神崎だけがこんなに弱いのか?
他のやつも見てみよう。


      八神    悠人     17歳         LV1

      体力                35000
      魔力                5000
      筋力                15000
      知力                10000
      敏捷                15000
      防御力             12000
      運                    420
      魅力                 50000

      スキル

    《剣術LV6》  《聖剣適性》   《剣術特化》
    《全属性微耐性》   《キラキラした目》《言語自動翻訳》

     魔法

    《火魔法LV3》   《光魔法LV3》 《生活魔法LV4》

     称号

    《勇者》   《陰キャの敵》   

      加護

   《騎士王の加護》


うわーこれあれだ、俺TUEEEEEEEEEだ。まさか生きている間にこれを言うとは思わなかったぜ。
すると王女様からまた説明が入る。

「勇者の皆様ステータスはご確認頂けましたか?」

「ご確認頂けた方から私に向かってステータスオープンと言ってください」 

「そうすれば相手にステータスを見せることができます」

すると皆んな王女様の方を向き、一人残らず全員一斉に同じ言葉を言い始めた。


[ステータスオープン!]

まあ俺は言わないんだがな、これだけ人がいるんだ一人見せなくてもバレないだろ。目立ちたくないしな。
そんな企みを思いつき、安心していると。
王女様が満面の笑みを浮かべだした。

「やはりあなた方は勇者様だったのですね!長い年月をかけて召喚した甲斐がありました!」

そんな事を言って喜んでいる王女様に向かって八神が質問をする。

「あ、あの、ステータス平均ってどれくらいなんでしょうか?」

「ああ言っておりませんでしたね」

「村人の平均ですと体力が1000で、筋力等は600あれば良い方ですね。魔力は500くらいでしょうか」

「次に冒険者や兵士は、体力が8000〜12000で、筋力等は5000あれば良い方ですね。魔力も同じです」

 「次に腕利きの冒険者や宮廷魔導師は、体力が80000〜150000で、筋力等は50000〜80000くらいありますね。宮廷魔導師は魔力が20000ほどあるものもいます」

「最後にSSS以上の冒険者や騎士王様は、体力が500000〜800000くらいですね。筋力や魔力は500000くらいです。」

「心配せずともみなさんならいつか騎士王を超えるような人も出てくると思いますよ」

「ああ後、運は500あれば良い方で、800もあれば大商人にもなれますよ。魅力はブサイクで1000普通で10000イケメンで100000くらいですかね。まあ顔だけで判断されるわけではありませんが。」
      
ふむ、この世界にも超人はいるみたいだな。とりあえず俺のステータスは隠していた方がいいな、強すぎるとこの国に束縛されるかもしれない。さ、隠蔽しよって、え?なんか?王女様近づいてきてない?あれ?

「ステータスを私に見せていないのは後貴方だけです」

「な、なんで分かったんだ」

「私は多重思考というスキルを持っています。それで分かりました。」

嘘だろ、いくら多重思考が出来たとしても瞬時に俺だけがステータスを見せていないと確認するなんて化け物みたいに頭が良くないと無理だ。俺でもそんな事出来ない
王女様の知力は一体幾つなんだ?

「私の知力は150000ですよ」

「勝手に心を読まないでもらえますかね」

「ふふ、それはすいません。それで、ステータスを見せてもらってもよろしいですか?」

「く、分かった分かったよ、見せればいいんだろ見せれば。ステータスオープン!」 

「ありがとうございます。でわでわ失礼して」

俺のステータスを見ている王女様はだんだん顔が赤くなって興奮してきている。

「こ、これは!凄い!凄すぎる!」

「LV1でこんなに強くてしかも最上級加護を5つも持ってる!」

王女様の発言で周りがざわつき出す

「勇者のステータスや聖女のステータスも凄かったですけど」 

「こんな凄いステータス初めて見ました!」


「お願いします、邪神を倒して下さい!」


くっそーだからステータスをバラしたくなかったんだ!



「魅力1000万で万能師な俺の異世界街巡り〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ずぶ濡れ卍

    ありがとうございます。サイズ変更を検討しますね

    1
  • アンチ野郎

    全体的に数字が大きいな

    1
  • ぽんちゃま

    期待通りの展開w

    2
  • テスト

    今度は10000のところの最後の0がおかしくなってますよ

    3
  • ずぶ濡れ卍

    ありがとうございます。直ぐになおします。

    2
コメントをもっと見る / 書く