お願いだから別れて下さい!

真田ゆあか

10話 夏って嫌いだ4




大雅と伊織はベッドで正座して向かいあっていた。大雅は、怒り気味だったが、伊織はとてもニヤついている。






    「伊織聞いてもいいか?なんでお前がここにいるんだ?」

    「え〜、そんなこと聞かなくても分かるじゃん♡」

    「あのな、起きたら女の子と一緒に寝てたってだけでもアウトなのに、それが彼女と一緒に寝てたって言うなら言い逃れできないんだぞ?」

    「別にいいじゃん!」

    「逆切れするな!」



    伊織は全く反省した様子がなく、大雅に抱きついた。
大雅は、怒る気にもなれずそのまま伊織が居ないかのように立ち上がり着替え始め、部屋から出た。


























    遥は、昨日の事を考えていた。
  遥は理恵と同じ部屋だったが、理恵は気をつかってくれているのか部屋から出ていってくれた。



    「なんで、紗莉円ちゃんはあんな事言ったんだろう」



    遥は考えていても仕方がないと思い紗莉円の部屋へと走って向かった。(※真似しないでください!他のお客様への迷惑になるのでホテルでは走らないように※)
    遥は、紗莉円の部屋の前に来ると立ち止まってしまった。
    
    あの時のって……間違ってたら私の気持ちバレるかも。
 
    遥は、立ち止まってしまった。
  だか、決心を決めドアにノックをした。

    

    コンコンコン

「紗莉円ちゃんいるかな?話があるんだけど、」

    「その声は、はるちゃん?開けてあるから入って来なさい」

    「うん、入るね?」



   遥は紗莉円の部屋に入った。




















短すぎてすみません!
面白かったら  フォロー  グッド  コメント  よろしくお願いします!!!
    誤字脱字などあれば気にせず言ってください。それの方が嬉しいです!
紗莉円と遥がどんな話をするのか気になる所ですが少し休ませてください^^;
風邪が治ったらまた更新するつもりです。
応援お願いします!

「お願いだから別れて下さい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー123977

    頑張って下さい。楽しみにしてます!!!
    短くてもいいですよ!

    2
コメントを書く