お願いだから別れて下さい!

真田ゆあか

3話 苦しいなあ……

  今日もあの2人ラブラブだったなあ。
  
  私の付け入る間なんてないのかな……



  私は 保田 遥。
  高校になってから好きな人が出来た。どうせ私は付き合えないけど……


  私の好きな人には彼女がいる。ということは、両思い。
  

  私なんて眼中にないはずだから、私はこの気持ちを心の奥底に閉まった。



  「なんで私じゃないのかな………」



  毎日こんなことを考えて言ってはダメだって思っている。
 もう、諦めよう。と思ってもなかなか諦めがつかない、私はもう何もいらない、あの人の気持ちを私だけに向けてほしいと思ってしまう。



  「最低だよね、」



    ピロんッ



  好きな人からのLI〇〇だ。



  〔 今日はありがとう!遥のおかげで助かったよこれからもよろしくなッ! 〕



  こんなの酷いよ。諦めようとしてもこれじゃあ諦められないよ…もう……。



  「私も懲りないなぁ…」

























  今日は 金曜日この学校は土曜日も学校があるから中学からあがったばかりの時は辛かったな。
  今はもう慣れたけど、それにあの2人の姿をほとんど毎日見るからな…




  遥は学校に着き日直の仕事をしていた。
 遥はいつも1番最初に教室に入る。
 登校中に2人がいちゃついているのを見たくないから。 苦しくても学校には行かなければならないし、あの人に会いたいから……



  「おはよう遥!」



  「おはよう大雅くん…」



  「なんか元気ないな?どうしたんだ!?話くらいなら聞くぞ、俺も心配だし。それに…」



  本当に優しいな、この優しさを私だけに向けてほしいと思ってしまう自分がいる。叶わない恋でも今この瞬間が続いてほしい…… 私だけを見てほしい。



  「大丈夫だよ、私今日寝不足で眠いんだ。しばらくしたら目が覚めるから大丈夫。」



  「そうか?大丈夫ならいいけど… まあ、なにかあったら言ってくれ。俺に出来ることならなんでもするから!」



  本当に優しいな。



  こんな日々の幸せに浸っていると必ず邪魔が入る。
 大雅くんの彼女が遊びに来る。
同じクラスになれて嬉しいけど、それが辛くて…



  「大雅いる?遊びに来たよぉ〜♡」



  彼女は、水樹 伊織。大雅くんの彼女で、可愛いし、凄くモテる。
  私とは似ても似つかない。そりゃ、大雅くんも好きになるよね。


  遥は 逃げるように教室から出ようとするが、いつも伊織に捕まる。


見ているのが辛いのに……


  まるでラブラブなのを見せつけるように。
 伊織は、大雅の前に立つといつもキスを要求する。
  でも、大雅はそれをいつものように断ると、伊織が拗ねる。
  それがいつもの風景。



  教室に津野田《つのだ》先生が入って来た。
  大雅達の担任だ。女の癖にとても男ぽい喋り方をするからみんなからは、ボス と呼ばれている。



  「よぉーし、お前ら席に座れ。それと、自然に佐藤の隣にいる水樹ッ!早く教室に戻れ!お前のクラスはここじゃないだろ、お前は毎回毎回 佐藤の隣に自然にいて、本当になんなんだ……」



  ボスは、大きくため息をついて水樹を見る。



  「はぁーい⤵︎でもボス、私が大雅の隣にいるのは自然で当たり前のことなんだよ。」



  目を輝かせて言う伊織は、本当に大雅の事が好きなんだ。
ということが分かるほど素直で真っ直ぐ。
  そんな人に私は…無理だよね と不安そうな顔で伊織と大雅を見ている遥の姿があった。






「お願いだから別れて下さい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く