あなたと心中したかった

受験生

月曜日の朝

憂鬱な月曜日の朝、スマホが鬱陶しい音を出して俺を起こす。目覚ましを切ると地方ニュースの通知が表示された。「心中浜が丘、男女の遺体またもや心中か」ここら辺では有名な場所だその地名からか「あそこで心中すればあの世で二人は結ばれる」といった根拠の無い噂もあった。「あぁ…早苗と心中できたらな…」と自分で気持ち悪いとも思いつつ部屋を出た。
リビングに入ると母が食事を出してくれた、俺はさっさと食べて準備をした。憂鬱な月曜日だが三日ぶりに早苗に会えると考えると胸が弾む、片思いだがなかなか楽しい。今日はどんな会話をしたら良いか妄想しながら家を出た、登校中は妄想ばかりだ。

「あなたと心中したかった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く