【嫌われ体質】自覚したら最強?かも

パパ7年生

(4)一人でも寂しくなかった

(4) 一人でも寂しくなかった



月日は流れ、転生して2年が経った。

「『鑑定』」
 『美味しいキノコ(赤)』
「これ、赤文字だ」
「やったね♪」(女の子の声)

この世界は、色でランク(強さ等)が区別されている。
黄緑<深緑<青<赤<銀<金<白<黒<虹
そしてそれが見た目だけでなく、ステータスの文字の色にも反映される

美味しいキノコ(赤)、文字の色が黄緑より、赤の方が旨い。黒や虹なら最高なんだろうが、この森には、銀より上は無いようだ。この2年(キノコでは)見たことが無い。


『ピコッ』
「ん? 何か居る?」「何?」(女の子の声)
危険を察知し、警告音が鳴った。
今では、この森の魔物で俺に危害を与える魔物は居ないが…。

木の上から確認する
「熊だ、デリシャスベア!」
「『鑑定』」
『デリシャスベア(赤)』
「お食事中の様だな」
「デリシャスベア?食事中?もしかして、蜜を食べてる?」(女の子の声)
「あぁ、ツバメバチの蜜だな」
「やったぁ、今日は美味しい食事が出来るね。ツバメバチの蜜好き!」(女の子の声)

「見た目じゃ解らないヤツは、鑑定系のスキル持ちじゃないと、ランクが区別出来ないんだよねぇ」

 
 ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
え?誰と会話しているかって? 

俺の相棒、森で見つけた、風の妖精『ウナ・ブリーザ』
(スペイン語で“そよ風”を意味する。)
一応女の子。

蜘蛛の巣に捕まって、食べられそうになっていた所を、助けた。
 普通の人間には、妖精の姿は見えないし、声も聞こえない。俺には見えたし、『助けて~!』って、声が聞こえた。

ウナと過ごしていたから、一人でも寂しくなかった。

 まあ、この話はいずれ書くするだろう、たぶん。
 ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

俺は、ランドセルから石の槍を出した。
「赤なら、こいつで十分だな。」

 ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
え?何故、槍を持っているかって?

俺が作ったからだ。
石の槍は、俺の 【アイテム創造出来る体質】で、セラミックをイメージして作ってみた。槍先も持ち手も全てが白い石の槍。少し重いのが難点。
 でも、俺が好きなのは、石の刀…日本の刀をイメージして作った刀。黒い刀。刀身も鍔も柄も鞘も黒い、刀。

 まあ、武器この話はいずれ書くするだろう、たぶん。
~ ~ ~ ~ ~ ~ ~


「行ってくる」
「うん、待ってる」
「よっ」木の上から飛び降りる。
ウナは、木の上で観戦。

ドサッ デリシャスベアの後ろに降りる。

タタタッ お食事中のデリシャスベアに駆け寄り
「おいっ」
「ガァー!(邪魔するな!)」
振り向いたデリシャスベアの眉間を突く。
 サクッ (抵抗無く、刺さる) ドッスン
 デリシャスベアは崩れ落ちる
「こいつは、俺のことを知らなかったか…。」

 ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
【全言語解読出来る体質】(新旧、暗号)全ての世界の言葉を読み書き、会話が出来る。

このスキルは、知的な魔物の言葉も翻訳してくれる。俺が理解しても、相手が理解するとは、限らない。そこは、魔物相手の賢さが影響する。
 ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

チャリチャリチャリ~ン

モンスター硬貨(Mモン)が、ドロップされた。モンスターを倒すと、それに見会う硬貨がドロップされる、この世界の共通通貨でもある。両替をしないと使い勝手が悪い。(国でも通貨単位が変わる。)


 デリシャスベアは、綺麗に頭部を突くのが理想、皮が高く売れるから。
 一番良いのは、ケツの穴から串刺しが良いのたが、槍が汚れる。魔法できれいに出来るが気分の問題だ。
 デリシャスベアに触れ【嫌われ体質】発動、デリシャスベアの血に嫌われる…と、血抜きが出来る。
ピューと、槍の穴から血が吹き出る。
 デリシャスベアをランドセルに入れる、ランドセルの中で、解体される。

 デリシャスベアをランドセルに入れて、ハンバーガーをイメージすると、デリシャスベアのハンバーガーが出てくる。
 これがまた格別、旨い。ランドセルのお陰でもあるが。

 ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
どこの部位をどれくらい使ったかって?
そんなのは、知らん、ランドセルに聞いてれ。

パンは、どうしたのかって?
パンをイメージしながら、魔力をランドセルに込めると作れる。
 食料がランドセルから出てくる魔力変換によって。
その他の味付けもだ。イメージで調整も出来ちゃう。チョー便利なランドセルだ。
魔力を使わず食料等を出すと、水と堅パン。
 魔力を使うことを発見した日は、感涙した。 あの頃は『鑑定』のレベルも低かったし、何の説明も無かったから。

 まあ、この話はいずれ書くするだろう、たぶん。
 ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

「終わった?」
ウナが、飛んできた。
「あぁ、楽勝。」
ツバメバチの蜂蜜を舐め始めた。
「やっぱり美味しい!」



 §§§§ ステータス(黄緑) §§§§
名前:ウナ・ブリーザ
種族:妖精族
職業:風の妖精
性別:女 20歳
身分保証クラス:精霊
素質:ー
レベル:13/100 [ ー ] [ ー ]
 § § § § § § § § § § § § §
H P:572(1143(/1143))
M P:466(931(/931))
攻撃力:409(818)
防御力:421(831)
魔攻撃:377(753)
魔防御:390(766)

 力 :174(348)
丈夫さ:200(399)
魔 力:178(356)
敏捷性:73(146)
器用さ:54(113)
賢 さ:60(119)
 運 :60

 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
《装備》
装備:妖精の服(+13)


 ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼
*デリシャスベアは、普通の冒険者一人じゃ倒せないし、食べきれない、そもそも普通の人は熊は、スルーするよね。体長2メートル以上だし。

*ツバメバチは、蜜蜂のでかくて速いヤツ、物凄く甘い蜜が取れる。襲われれば死ぬね、体長は10センチなのに、針が10センチ以上ある。(伸縮する) 胸を刺されれば、心臓にも届く、毒性は弱いけど血が止まらない、血液の硬化を妨げる、出血死する。

*『鑑定』レベルが上がり、黙視できる範囲を鑑定出来るようになった。

*『千里眼』(遠く10キロ先を見れるだけ)が『仙人眼』にレベルアップした。
『仙人眼』50キロ先まで見れる。壁(障害物)の向こうも見れる。小さいものを拡大して見れる。服も透けて見える。
レントゲンじゃないんだ服だけ透けるのだ(これは、大事な事なのだ)
 ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲


この世界は、バーゴドジールと言う。
共通語は、バーゴドジール語
俺が今居る国は、ディレクション王国

《ディレクション王国通貨》
銅貨小 = 1円
銅貨大 = 10円
銀貨小 = 100円
銀貨大 = 1000円
金貨小 = 1万円
金貨大 = 10万円
白金貨小 = 100万円
白金貨大 = 1000万円
黒金貨小 = 1億円
黒金貨大 = 10億円
(モンスター硬貨、1M=1円)


「【嫌われ体質】自覚したら最強?かも」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く