【嫌われ体質】自覚したら最強?かも

パパ7年生

(5)あれから二年

(5) あれから2年



俺は『ごしき・だいすけ』
【嫌われ体質】と言う厄介な体質、神にも嫌われてしまう程、この世界に転生して二年が経った。

今のステータスは、こんな感じだ。


 §§§§ ステータス(黒) §§§§
名前:ごしき・だいすけ
種族:人族
職業: ー
性別:男 (17歳)
身分保証クラス:平民 〔〔転生者〕〕
素質:天才、異才、努力家
レベル:24/100 [ 9 ] [ ー ]
 § § § § § § § § § § § § §
H P: 27,500,000(/27,500,000)
M P: 17,377,231(/17,377,231)
攻撃力:17,575,000
防御力:17,675,000
魔攻撃:17,575,000
魔防御:17,675,000

 力 :26,500,000
丈夫さ:26,500,000
魔 力:26,500,000
素速さ:8,650,000
器用さ:1,643,438
賢 さ:2,486,250
 運 :100
 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
火:『火球(ファイアーボール)』(銀)『火壁(ファイアーウォール)』(銀)『ファイアースピア』(銀)『高温』(金)

水:『水壁(ウォーターウォール)』(銀)『水球(ウォールボール)』(銀)『氷の壁(アイスウォール)』(金)『氷球(アイスボール)』(銀)『アイススピア』(銀)『低温』(金)

風:『風刃』(銀)『風』(銀)『空気弾』(銀)『真空空間(バキュームスペース)』(銀)

土:『土壁』(金)『砂塵』(金)『土球(アースボール)』(銀)『岩(ロック)』(銀)

光:『ヒール』(銀)『ヒールズ』(銀)

闇:『影跳び』(赤)

無:『破気』(赤)『無音』(金)『無気』(金)『反射リフレクション』(金)

生活魔法(赤):『着火マッチ』『水』『乾燥ドライヤー』『清掃』『洗浄』『灯りランプ』『地図マップ』『記録メモ』『道具収納アイテムストレージ

〈特技〉
『心聴』(金)『覇気』(金)『殺気』(金)『硬気』(金)『魔力制御』(金)『身体強化』(金)『サーチ1000』(深緑)
『並列思考』(赤)『短縮詠唱』(赤)『無言詠唱』(赤)『複数種複数属性魔法同時発動』(赤)『詠唱待機』(赤)『詠唱破棄』(赤)
〈スキル〉
『鑑定』(赤)『仙人眼』(赤)『念話』(赤)『隠蔽』(赤)『集中』(金)
 § § § § § § § § § § § § §
《隠し能力スキル》※
【嫌われ体質】
  他、省略

 ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
 2年間で24しか、上がってないって?
よく見てくれ、[ 9 ]は、ステータスの更新回数、レベル100に9回成ったことを示す。
 もし、HPが0になったら、更新数を1つ使って、満タンの状態で復活する。(らしい)
 9回は死なないと言うことだ。(たぶん)
まあ、俺のHPを0にする事態になることは無いと思うが…。

 もう一つの[ ー ]は、冒険者登録をしたときのランクが入る。俺は、まだ冒険者登録をしていない。
と言うか、この世界に来て二年、まだ誰とも会った事がない。

 まあ、ここまでレベルが上がった話もいずれ書くするだろう、たぶん。
~ ~ ~ ~ ~ ~ ~




「なぁ、ウナ、俺はそろそろ森を出て、町に行こうと思ってる、それなりに強くなったと思うから」
「何言ってるの? あんたより強い人間なんてこの世に居ないと思うわ」
 ウナは、俺の肩に座って言う。左肩だ、たぶん俺が右利きだからだろう。

「町かぁ~、行ってみたいけど、精霊様が許してくれるかなぁ…。怖くないかなぁ」
「精霊? 精霊って、居るのか?」
「うん、居るよ。滅多に人前には出ないけどね」
「引きこもりか?」
「違うわよ! 下界に降りてこないだけよ」
「…、引きこもりって何?」
ズコッ 滑った。知らんのかよ。

「…、」(説明が面倒だからスルー)
「なら、精霊に町に行って良いか聞いて来たら?」
「そうしたいけど…、帰れないの…。」
「帰れない?」
「うん、帰れない」
「方向音痴か?」
「違うわよ! それは帰り道が解らないって言うの! 妖精界には、妖精の門を通ってしか行け無いんだけど、ウナまだ妖精の門を開けるだけの力が無いの、だから誰かに開いてもらわないと帰れないの」

「1年も誰も探しに来ないって事は…」
ウナを見る。
「事は?」
「ウナ、もしかして」
見つめ合う
「もしかして?」
「嫌われ体質か?」
「違うわよ! 違う わ よ…違うもん…、え~ん 違うも~ん」泣き出した
一年前も良く泣かれたなぁ…。


俺は、ウナが泣き止むのをハンバーガーを食べながら、待った。




オマケ

俺は、【嫌われ体質】を最弱にし、『身体強化』1/100を常時重ね掛けで、発動させ1/1万にしている。それでも、攻撃力1,758
こうしておかないとウナを傷つけてしまうし、何かと強すぎて不便なのだ。


~ 隠蔽スキル ~
 §§§§ ステータス(黒) §§§§
名前:ごしき・だいすけ
種族:人族
職業: ー
性別:男 (17歳)
身分保証クラス:平民 
素質:努力家
レベル:24/100 [ 1 ] [ ー ]
 § § § § § § § § § § § § §
H P: 4,075(/4,075)
M P: 2,274(/2,274)
攻撃力:1,758
防御力:101,768
魔攻撃:1,758
魔防御:101,768

 力 :2,650
丈夫さ:2,650
魔 力:2,650
素速さ:865
器用さ:1,643
賢 さ:2,486
 運 : 65
 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

普通の人族の17歳Lv.24、更新1回の冒険者の攻撃力は、12,000+職業補正、冒険者ランクで増加する。
 無職の更新者は、冒険者未登録ではあり得ない。おまけに人族の17歳だ。
だいすけは、この事を知る由もない。


「【嫌われ体質】自覚したら最強?かも」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く