世界を渡る私のストーリー

鬼怒川 ますず

無力な私が愛した支配者3


それから2日後、国中に吉報が届いた。
内容は侵攻していた3種族の連合軍が壊滅し、指揮官を捕虜にしたという報告だった。
信じられない内容とともにもう1つ信じられない情報も入った。
連合軍を壊滅し指揮官を捕らえる。それを行なったのがたった1人の男という事実に。
国中に歓喜と動揺の色が広がる。
私も報告を聞いても信じられずにいた。
でももっと驚いたのがそれを行なった人物。

王との謁見を許され、王から元帥の勲章を貰う式典。
全ての功績を挙げた人物の顔を見るべく出席して、初めて顔を見る。

「…え?」

私はその顔を見て呆気にとられた。
そこにいたのはかつて愛していた彼。
昔と違って野心に満ち溢れた精悍な顔の彼だ。
授与式を終えた後も私はあの変わらない彼を思っていた。
私と同じように転生したのか、それとも顔が似ているだけの人物か。
それだけが頭の中でグルグルと回る。
だが考えている間にも物事は進んでいった。
それから2週間過ぎた頃、オークとゴブリンの国が滅んだ。
それもまた彼1人で、種族の女子供全てを殺戮した。
その報告を聞いてすぐに私は「彼ではない」と別人説を私の内で推すことにした。
彼は、そこまで残酷じゃなかった。
きっとそうだった。
この時は思っていた。


「世界を渡る私のストーリー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く