少年
文学

連載中:1話

更新日:

少年

  • あらすじ

     …どういう事なのだろうか。
     少年は、困惑の中にあった。
     それは、彼の中では、決して有り得ない物で、専門学的には決して有り得る事ではあったが、彼にはそんな事、とんと検討もつかない。
     
     彼は直ちに、『そうなるべき』であった。
     それなのに、何のイタズラか。
     これが何者かのイタズラならば、それはとても質悪く、そして、信じられない程、悪趣味な物であった。
     
     ……彼は確かに、死ぬはずだった。
     
     
     
     
     
     不定期更新になります。誤字や脱字等もあるかも知れません。
     
     そして、参考にさせて頂くかは、残念ながらこちらの判断になってしまいますが、コメントによるご指摘等、心よりお待ちしております。

    キーワード

「少年」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品