クラス召喚されたら魔王になった

サザンドラ

時空魔法の使い方

闘技場にやって来た。
向かっている間に勝ち方のシミュレーションをしていた。
その中で思いついたのが時空魔法、別名、空間魔法。
時間を早めたり遅めたり、巻き戻したり先に行ったり、何もない空間を切ったり、一定の場所に空気を詰め込んだりと、用途は様々だ。
とりあえず、この相手に色々試したいと思う。
ただ、さっきの受付嬢、こいつのこと様呼びだったな。
まぁまぁ位が高いやつか?
別にどうでもいいが。
「おい、準備はできたのか?」
「とっくに」
「チッ、勝負する前までも気にくわねぇやつだな。潰す」
「短気な人は昇進できませんよ」
ガァーーン!
始まりの鐘がなった。
「行くぞ!」
そう言ってガンドは正面から突っ込んできた。
まぁ、あれだ。脳筋。
剣を大きく上に持ち上げて振り下ろす。
それを俺も手に持った剣で対抗するが、
ドゴーーーン!!!
クレーターが空いた。
こっちの攻撃力と向こうの攻撃力が正面からぶつかり合った余波として出来上がったのだ。
「ほぉ、なかなかやるな。だが……」
ふーん、色々考えてるみたい。
だけど……
「「そこだ!」」
2人が同時に叫び、2人が同時にぶつかる。






直前、ガンドは地面に叩きつけられた。
剣でもなく、拳でもない。
「相手が剣だけだと思ってたら死にますよ?」
時空魔法で1つの場所に空気を詰め込んで重力をあげた。
人間の足は自分の体重の3倍までしか耐えれない。
1つの場所に周りの空気を全部詰め込んだら当然3倍以上になるわけだ。
よって、ガンドは潰れた。
「ウグッ」
ただ、早く降参してくれないとこっちも苦しい。
この部屋の中の空気は全部ガンドの周りに張って自分の周りは空気が足りない。
ただ…
「まだ降参しないのか?あと5分で貴方の体潰れますよ」
強がっておかないと、耐えられる気しかしない。
ちなみに体が潰れるってことはあり得ない。
物理的にも間接的にも。
「クッ…降、参だ」
ガンガンガーーンあ!
「試合終了!勝者リューヤ!」




「はぁ、こんなチビに」
「約束通り頂戴ね」
これで250000Y獲得することができた。
「決闘の条件は絶対だ」
そして小包に入ったジャラジャラしたものを受け取った。
「ありがとう!」
お金を受け取ったあと、クエストを発注しに行ってドラゴンの討伐を目標にした。

「クラス召喚されたら魔王になった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • RAI

    面白かったです。
    これからも頑張ってください。
    更新楽しみにしています。

    1
コメントを書く