クラス召喚されたら魔王になった

サザンドラ

冒険者登録とテンプレ

昨日宿を見つけ、そこで10日間泊まろうと決めて4000Y払ったリューヤ
手持ちは20000Y(ここで作者が計算がめんどくさくて一泊400にしたなんて言えない…)になったリューヤは金稼ぎに町の人に聞いてある場所を教えてもらった
「んで、ここかな?」
着いた場所は冒険者ギルドだ
大きなドアを開けて中に入る
「あ!こんにちはー」
中からは受付?みたいな人から挨拶される
まぁ、ここで挨拶を返さないほど出来てない人間じゃない。あ、魔族か
「こんにちは」
「何か用ですか?」
「登録に来ました」
「わかりましたー、じゃあここに名前を書いてもらえるかな?」
「はーい」
紙みたいなのをもらって名前を書く
ここでは普通にリューヤと書くことにする
「書けました」
「少々お待ちください」
そこで紙を持って受付嬢が奥の方に入る
「お待たせしました」
そこで持って来たのはプレートみたいなもの
名前とランクEと書いてある
「一通り終わったところで説明するわね。ランクはE〜SSまで、A以上は貴族並みの扱いを受けるわ。クエストに関してはランクなどは関係ないけど、例えばCランクの人がSランクの依頼を受けて命を落とした場合ギルドはなにも処置はしない。だけどCランクの人がCランクのクエストで亡くなった場合はご家族の方には多少のお金は入るわ。それと、クエストは早い者勝ちだから」
「大体わかりました」
「じゃあ、今日からクエスト受けれるから受けてく?」
「そうします」
そして入って来てから見つけたクエストボードを見にいった
〔Sランククエスト:ブルードラゴンの討伐〕
これをとって見せに行こうとするとガタイのいい人が間に入る
「おい!これは俺が受けようと思ってたやつだ!てか、Eランクが受けれる仕事じゃねーだろ!」
「クエストは早い者勝ちなのでは?」
「関係ねーよ!さっさと渡せ!」
「だって多分俺の方が強いよ?」
「調子乗ってんじゃねーぞ!そこまで言うなら決闘だこら!」
「いいよ。でも、俺が勝った時のメリットは?」
「俺の全財産やるよ!」
「いくらだよ」
「250000Yだ!」
「ラッキー、やろやろ」
そこでギルドの人が割って入る
「それじゃあ私は審判ね。ガンド様が勝った場合はドラゴン討伐クエスト申し込み用紙、リューヤ君が勝った場合はガンド様から250000Yの支払いでいいかしら?」
「大丈夫です」
「いいぞ!」
そして闘技場に向かう

「クラス召喚されたら魔王になった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く