クラス召喚されたら魔王になった

サザンドラ

魔剣と聖剣と人族と

(それでよクレア、あいつどうよ)
(どうよって言われてもねさっきの話を聞いてた通り、防御系アップ用の道具としか見られめないみたい)
(そんな事ないと思うぞ)
(あなたにはわかるの?彼が考えている事が)
(大体はな)
(ふーん、教えてくれる?)
(教えるわけないだろ)
(だよね)
(それで今あいつが考えている事だが…)
(教えてくれるんじゃん)
(ちげーよ!お前に対して思ってる事じゃねーんだよ今から話そうとしてるのは)
(何話そうとしてるの?)
(あいつがこれからする事だよ)
(私で防御力上げるんじゃないの?)
(まぁ、それも1つだな。でも、もう一個考えてる)
(なぁに?)
(それは……



「なぁ四天魔!」
「なんだ?」
「なーに?」
「なんですか?」
「なに?」
「俺、これから人族に行こうと思ってる」
「裏切りか!?」
「違うよ。偵察みたいなもんだ」
「偵察ってなにするの?」
「そうだな…まず見るところは、人族が勇者召喚してるのが民に伝わってるかどうかだな」
「それを見てどうするの?」
「混乱を与える事ができる。例えば、民に伝わっていなかった場合、その時は俺が口が軽そうな奴に教える、それが広がる、そして城に伝わる、場内から密告者がいると騒ぎになる、勝手に潰し合いが始まる」
「伝わっていたら?」
「その時も同様、口が軽そうな奴に『勇者達、この前魔王倒しに行ってぼろ負けして帰ってきたらしいぞ。それで魔王が怒って魔王城近くの村から潰しているらしい』と伝える、それが城に伝わる、まぁ混乱してくれると思う」
「なるほど」
「そのうちに俺が冒険者として名を挙げる、俺も魔王討伐隊に選ばれる、順調に進んでく、最後に魔王でしたと告白する」
「「「「性格わっる!」」」」
「まぁ…という事で、行ってくるわ」
「それで?武器はどうするんですか?」
「魔剣持ってくよ」
「バレますよ」
「隠し通す、てか、魔剣なんて出回ってないだろうし、バレることはない」
「なるほど、まぁ、頑張ってください」
「ありがと、じゃあな!」
「「「「はい、魔王様」」」」

「クラス召喚されたら魔王になった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く