クラス召喚されたら魔王になった

サザンドラ

1ヶ月と1日目

魔法が使えるようになった次の日の今日は早めに起きた
理由は魔剣で素振りをするためだ
物置などの城の内装は大体把握した
だからガリルに頼まずとも魔剣のある場所はわかる
〈よぉ、元人間〉
なにか声が聞こえる
「誰だ?」
〈今お前の目に前にいるじゃん〉
今目の前には魔剣しかない
「誰もいないけど」
〈誰もいないにしても魔剣はないか?〉
「魔剣って喋るんだな」
〈違う。脳内に語ってんだよ〉
「なるほど」
〈……納得するの?〉
「だって実際そうなってるし」
〈ま、まぁな〉
「それで?なんか用?」
〈別に用はないけど1つ教えてやろうと思ってな〉
アドバイスをくれるらしい
〈お前のステータスに???ってあっただろ〉
確かにあった魔剣を持った直後に起きたステータス更新の時に現れた謎の???
〈あれはな、お前が魔法というかつまり、魔力を扱えるようになったら見えるようになってるんだ。まぁ今なら見えるだろうから見てくれ〉
そう言われたからステータスを見た《ステータス》
名リューヤ コユウギ
年16
種族 魔族
《ステータス》
体力150000
物理攻撃120000
物理防御100000
魔法攻撃200000
魔法防御100000
魔力∞
《スキル》
魔族領帰還
変装
時空魔法
精神魔法
魔眼
属性付与
纏い
???
《称号》
魔王
神の器
魔剣を扱うもの
世界最大火力を放つ者

なんか色々成長してる件について誰か教えてください

「クラス召喚されたら魔王になった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く