クラス召喚されたら魔王になった

サザンドラ

魔装備

「まず魔剣に勝つためにはな、魔装備というものが必要になる」
「ふーん。魔装備ね」
「あぁ、魔装備がないと9割の魔王が魔剣に侵食され、精神崩壊する」
「1割は大丈夫なんだ」
「いや、装備なしでもいいって言われてるんだが、今までで魔剣に勝ったものはいない。」
「じゃあ、10割がダメなんじゃん」
「まぁな、まぁいい。これを着てくれ」
そう言ってガリルが取り出したのは、真っ黒の装備。
手袋と服みたいだ
「この手袋は魔剣の侵食をほぼ防ぐ。今の技術では全カットは無理だからな。そしてこの服には精神強化と言うスキルが付与されている。これで大丈夫なはずだ。」
「ありがとう」
そう言って服と手袋を装備した
「ピッタリだな」
「まあな、サイズも勝手に合わさるし」
「これで魔剣が持てるのか?」
「持てるはずだ。重いけどな」
そう言ってから魔剣が保管されてる場所に移動した
五分ほど歩いて着いた場所では、目の前に大きな扉が設置されていた

「クラス召喚されたら魔王になった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー118900

    これからの展開がとても楽しみです。主人公が賢いのに好感が持てます。続きを楽しみにしています!

    2
コメントを書く