クラス召喚されたら魔王になった

サザンドラ

魔族領にて2

「…あれ?ちょっと待って」
「どうかしましたか?」
「魔族領にさっきの人間が来た」
「あぁぁ?どうゆうことだよ!もう人間が送り込んで来たということか?」
「でも、マークとして映るのは友好的な緑色」
「だとすると人間が寝返ったということですか?」
「それにしては早すぎるんじゃなーい?」
「……推測だけど、魔王が勇者として召喚されたけどステータスを見てスキルを使ったんだと思う」
「まぁ、一理ありますね」
「一回見に行って見ればいーんじゃない?」
「そうするか!行くぞお前ら!」
「…なんで先頭切ってるのかわからないけど…」
ついにご対面です

「クラス召喚されたら魔王になった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く