クラス召喚されたら魔王になった

サザンドラ

クラスメイトであり敵である

うーん。強いのかどうかわからんな
誰かの見て見るか
そして、俺はクラスで1番気取ってる結城のステータスを見た
『魔眼』
名前クレト ユウキ
年16
種族人間
《ステータス》
体力2000
物理攻撃1500
物理防御800
魔法攻撃1000
魔法防御500
魔力200
《スキル》
空間魔法
《称号》
勇者

というようになっていた
圧倒的に弱い
いや、俺が強すぎる
「みなさん。勝手に呼び出してすいません。私はこの国の王女のエリス・クルーピアです。みなさんは勇者として召喚されました。」
「て事は、魔王というものを倒せばいいのですよね?」
「よくご存知で。そうです。同時期に魔王も召喚されるのですが、それの討伐のために呼びました。」
俺は討伐されるらしい
「ステータスの強さとかはどうなりますか?その…この数字以上なら強い方とか、そんな感じで。」
「そうですね。平均で500以上あれば強い方ですね」
それを聞いた時に様々な反応をする人がいる
喜ぶもの、落ち込むもの…
「魔王もすぐに鍛え始めるでしょう。明日から訓練を始めてもらいます」
「わかりました。」
その合図でみんなの力が抜ける
そこで俺はみんなの記憶を操作して、魔族領に帰ることにした
『精神魔法 記憶操作』
そしてみんなの記憶から俺の存在を削除した
『魔族領帰還』
これで俺はこの王都から抜け出した

「クラス召喚されたら魔王になった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く