魔法と童話とフィアーバの豪傑

くすのき

カエンボクの花束を/1

先輩にあたるであろう先程の双子から受け取った一枚の紙をみる。

「カエンボク...」

俗にいう“普通”のクラス。
僕はクラスの紙を片手に指定された教室へと一人足を進めていた。
周りには自身と同じ新入生の生徒達が騒がしく移動している。

僕の名前はルカ・カンドレーヴァ。ごく一般の魔導師志望の新入生。
元々の魔力が強かった事で、叔父叔母の勧めもありこのグローリー魔術学院へと入学した。

教室の扉を開けるとそこには既に沢山の生徒が集まっていた。
何人かのグループなど既にできており、周りより時間差でのんびりここまで来た僕は完全に出遅れたと実感した。
まあ友人などとくに必要とはしてないのだが。

「君、そこ邪魔よ。」

ふと突然背後から声がかかった。
ごめん。その言葉を口から出そうと背後を見る。
そこには見入るような長く綺麗な金髪を揺らす1人の女がいた。身長は僕より少し小さい。
その触れると消えてしまいそうな程に綺麗な髪を持つ女の綺麗さに見入り、息をするのも忘れてしまう程。
僕の口からは謝罪の言葉などでそうに無かった。

「ちょっと聞いてるの?じゃ、ま!」
「えっ、あっ、あぁ、ごめん。」

彼女は目を釣り上げ、僕に指を指して“邪魔”を強調して言う。
その言葉に驚きやっとの事で謝罪の言葉を述べ、自身の席へと向かった。
彼女はツンとした態度で前に貼り出されている席順の紙を見に行った。


「魔法と童話とフィアーバの豪傑」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く