魔法と童話とフィアーバの豪傑

くすのき

愉快な双子の説明会/2

「はい!まずクラス割りについてだけどクラスは入学テストの成績を見て先生方が決めたよ!」

ロベルがそう言いながら小さく呪文を唱えると、描かれた魔法陣が淡く光り光の玉がいくつも飛び出した。光の玉は新入生徒の手元まで飛んでいき手元で形を作ると、その光の玉はひとつの紙になった。

「これは魔法陣を描いて物質を生成する初級魔法ね!今君達には一枚の紙をプレゼントしたよ、ボク達からの新入祝いだ!」

新入生はそれぞれ新入祝いと言われた紙を見る。
紙には自身がどのクラスかが記されていた。

このグローリー魔術学院のクラス割りは大きくわけて三つにわけられる。
「カエンボク」、一般的な力の生徒が多いクラス。男女比は5:5程。希に成績優秀者も入る。
「ジャカランダ」、女生徒が多く、成績優秀者が集まるクラス。
「ホウオウボク」、成績優秀者と素行不良者の比が5:5程のクラス。

例え優秀なグローリー魔術学院にも脳がある素行不良者はいるもので、学院側がこの様なクラス割りを作ったのだ。

「さぁ自分のクラスを確認したら次は寮の部屋割りだよ!部屋割りに関してはクラス割りからさらに三人部屋、二人部屋のどちらかにわけられるよ!部屋割りは寮についてからのお楽しみだけどね!」

続いて言うのはマリア。
説明を聞けば寮の部屋割りは寮に貼り出されているので後々となるらしい。

「さぁこれでボク達からの説明は終わりだ!各自教室へ向かってね!」

ロベルがそう言うと新入生一同は一斉にざわめきながらその場を後にした。



「魔法と童話とフィアーバの豪傑」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • 鬼怒川 ますず

    読みやすくて面白い!

    1
コメントを書く