魔法と童話とフィアーバの豪傑

くすのき

終わりで始まり/2


「なんとしても私は此処で...!」
 
とある少女は願った。
強くなりたいと。


「こんな世界無意味だ。」

とある少年は言った。
この世界は“腐っている”と。


「兄さん姉さん!」
「まって、荷物忘れてる...!」

とある少年と少女は目指した。
立派な魔法使いになると。


彼らは目指した。
この世界を変えてみせると。
200年の時を経て今、物語が動き出す___。



「魔法と童話とフィアーバの豪傑」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く