魔法と童話とフィアーバの豪傑

くすのき

終わりで始まり/1

「叶うならこの戦いを___」

僕の隣で暖かな涙を流す彼女は最期にそう言った。
あたりは共に戦った戦友達の無惨な姿。この地に生き残っているのは僕と彼女の2人だけだろう。
それほど猛烈な戦いだったのだ。血を流し涙を流し命をかけて皆戦った。しかしそんな努力も踏み躙られるかのように反逆者トレイター達により潰された。
僕達もそろそろ終わりだ。雨に濡れた身体からは赤黒い鮮血が流れている。意識が朦朧として瞼が重く感じる。

微かに息を零す彼女の手に自身の手を伸ばして力の入らない手でそっと握る。
僕が手を握ると彼女は何処か嬉しそうに微笑んでその瞼をかたくそっと閉じた。
嗚呼、遂に1人になってしまった。先に逝ってしまった彼女の手を握り、僕は最期の魔力を使い左の手で小さく魔法陣を描いた。

呪文を唱えると魔法陣は淡く光りを放った。
そしてある思いを願ったまま僕は朦朧とする意識をそっと手放した。


___叶うなら、叶うならこの戦いを終わらせてくれ。何百年かかってもいい、この終わりのない悪夢に終止符を打ってくれ。


「魔法と童話とフィアーバの豪傑」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く