雨と頭痛のお話

末木 斑鳩

 私は子供の頃から頭痛を持っていました。所謂偏頭痛というやつでしょうか。
 勿論ストレスやらなんやらで起こることもありますが、しかし本当に厄介なのは、気候が悪い日。
 そうなんです。雨の日なんです。

「雨と頭痛のお話」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く