つまりは、壊れかけた僕の思うこと

ただのねこ

p2

入院生活は、酷く暇だった。
手術する前まではよかった。
けど、手術後。
痛くて痛くて、眠れなかった。
ああ。
そうだ。
きっとこれは、罰だ。
僕に対する罰だ。
死のうなんて、バカなことした僕への。
世界に生きさせられた。
そう考えると、死のうとは思わなかった。
そのほうが、楽だった。
家族には、話していない。
誰にも言えない。
誰にも言っちゃいけない。
僕の中で、消化する。
それだけ。

リハビリも、順調に終わった。
予定よりも早く、退院した。
家での安静期間も、終わり。
学校に行くようになった。
そこで、痛感した。
本来の予定なら、僕はここにいないはずだった。
それが、こうして友達と笑ってる。
そんなことが、許されるのだろうか。
僕なんかに。

『死に損ない』

いつか思った言葉が、帰ってくる。
もう一度、自殺するべきなのか。
でも。
もう死ねない。
痛みが怖くて。
死ねない。
死ねなくなった、死にたがりは。
どうすればいい。
わからない。
どうすればいいのか。
わからない。
自分が、どうなればいいのかも。
わからない。
ぼくは、どうなれば。
どうすれば。
どんな。
どんな風に。
僕は、どんな風に生きればいい?

「つまりは、壊れかけた僕の思うこと」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く